青空レストラン一覧

茨城の塚原牧場の梅山豚 通販での販売はあるの?|青空レストラン2018年4月7日

国内2ヶ所の飼育場所しかなく100頭ほどしかいないまぼろしの豚、梅山豚(めいしゃんとん)。今回は嵐の二宮和也さんが青空レストランに初登場し、この幻の高級豚・梅山豚を求めて茨城県へ。梅山豚も気になりますが、子豚を抱っこし笑顔満開の二宮和也さんも見ものです。また、塚原牧場の梅山豚を通販で入手する方法も載せていきます。

旬のマハタに伊勢海老の殻絞りソースの味は|青空レストラン2018年3月31日

今回の青空レストランは、マハタです。クエと並び高級魚のマハタはこれから産卵に向けて脂がのって、おいしくなっていきます。大きいものは4mにもなるというマハタ。いつも、釣りでは持っている男を宮川大輔さんはしっかり釣果を上げていますが、今回はどうだったのかそちらも楽しみです。

ヒロッコ(あさつき)とは、食べ方も紹介|青空レストラン2018年3月10日

今週の青空レストランは秋田県の春を告げる食材「ひろっこ」です。「ひろっこ」という食材の名前を初めて聞いた人もいるかもしれませんが、秋田県では人気の食材でいろいろ方法で食べられているそうです。「ひろっこ」とはどんな食材か紹介するとともに、レシピやお取り寄せに関しても書いていきます。

油麩レシピや油麩丼を紹介、牛タン辛みお取り寄せ|青空レストラン2018年3月3日

今回の青空レストランは宮城県の油麩(仙台麩)です。実家の母親が頂いたということで一回だけ見たことがありますが、どう料理したらよいか母親が困っていました。その時は、お味噌汁に入れたりして食べたのですが、油麩丼を知っていたら絶対に作ったのにと今はちょっと残念な気持ちです。地域によって、いろいろなお麩文化がありますが、今回は油麩(仙台麩)について書いていきます。

NO IMAGE

皮まで食べれる純国産の岡山もんげーバナナ :青空レストラン2018年2月17日(日テレ)

岡山県でバナナを、無農薬で栽培する技術を開発した、田中節三さん。 農業とは関係のない企業の経営者だったでしたが田中節三さんが栽培している、純国産バナナが青空レストランに登場します。 岡山もんげーバナナは糖度が高く、輸入したバナナとは品種も違うため、粘りも強く香りも豊とのこと。 そんな純国産バナナを使って、どのような料理ができるのか非常に楽しみです。

NO IMAGE

ゆばの食べ方やレシピ、刺身に豆乳鍋 青空レストラン2017年12月9日(日テレ)

今回の青空レストランは日光を代表する食材・湯葉(ゆば)です。豆乳を温めると表面にできる薄皮を引き上げるとできる湯葉。日光のゆばは京都と違い2つ折りにして上げる2枚あげが主流で、ゆばとゆばの間に豆乳が挟まり最高の食感になるそうで、日光のゆばを食べての宮川大輔さんのコメントが気になります。

NO IMAGE

生麹は甘酒だけでなく、調味料としても使いたい|青空レストラン2017年12月2日(日テレ)

今回の青空レストランは生麹です。少し前は、塩麹がブームになり、今はダイエットに良いなどと麹を使用した甘酒がブームになっています。しかし、スーパーで売っているものは、乾燥した麹がほとんどで、今回青空レストランで紹介される生麹はなかなかお目にかかりません。生麹と乾燥麹は何が違うの?また青空レストランでは麹でどのようなレシピが紹介されるのでしょう。

NO IMAGE

河内鴨「ツムラ本店」は美味しいだけでなく安心安全|青空レストラン2017年11月18日(日テレ)

大阪府松原市からの今週の青空レストラン。豊臣秀吉が長浜から大阪に居城を移してからも、琵琶湖の鴨のおいしさを味わうために大阪で鴨の飼育を奨励したことで、大阪府松原市は鴨に地区の産地となりました。そんな松原市で生産されているこだわりの合鴨の『河内鴨』どのような鴨肉なのでしょうか。

NO IMAGE

幻のやまのいも『銀しぶき(銀沫)』究極の粘りを楽しむ|青空レストラン2017年11月11日(日テレ)

岡山県真庭市からの今週の青空レスラン。食材は、やまのいも『銀しぶき(銀沫)』です。究極の粘りを誇り、1本1000年の値段が付く究極の「やまのいも」いうことです。さて『銀しぶき』とはどのような「やまのいも」なのか、またどのように料理されるのか今回も楽しみです。