報連相一覧

ほうれんそうのおひたしはみんなに美味しい

ビジネスマナーとして当然のように叫ばれている「報連相」。しかし、すべての職場でその「報連相」が上手く機能しているのかと言えば、そうではないようです。生のほうれんそうがエグ味が強くて食べられないように、「報連相」も部下に無理やりやらせるだけでは嫌いになってしまいます。また、職場環境も変わり上司も部下に強制的に何かをやらせて業務成績が上がるという時代はとうに終わってしまいました。そんな中ネット上ではある言葉が話題になって拡散しています。職場環境を改善し、業務成績も上がるというその”言葉”とは

報連相とは その大切さと重要なポイント

ビジネスでは欠かせない「報連相」。自分自身きちんとできているかと言えばそうも言い切れないところがあります。しかし「報連相」をしっかり身につければ、会社での問題も減るし、上司との関係も良くなることは間違いありません。仕事で他の人より一歩先に行くために、「報連相」の大切さを改めて認識するとともに重要なポイントを話していきます。

報連相とは みんな間違えて定義していませんか?

仕事場で上司から厳しく言われる『報・連・相』。でも『報連相』はしているのに、上司に問題など報告すると自分で何とかしろとか言われてしまう、自分の言ったことをしっかり聞いているのか分からないなど、何のための『報連相』があるのかと疑問に感じる人も多いのではないでしょうか?でもそんな状況になってしまっているのは、みんな間違えて『報連相』を定義しているからだとしたらどうでしょう。『報連相』をしろと言っても部下がやらないのは、自分に問題があったとしたらどうでしょう。『報連相』をしたくないという感覚を持っている人は、上司が『報連相』というものの定義の仕方を間違っている可能性が大です。では『報連相』は実際にはどのようにして生まれ、どう使うのが本当なのでしょうか。