七夕まつり一覧

一宮七夕まつり 2018 駐車場や混雑状況、見どころについても

一宮七夕まつり『おりもの感謝祭 一宮七夕祭り』は、『仙台七夕まつり』『湘南ひらつか七夕まつり』とともに日本三大七夕まつりの一つで、歴史のある七夕まつりになります。期間中の4日間で120~130万人もの人出でにぎわいます。またほかの七夕まつりにはない楽しいイベントも盛りだくさんで、一日楽しめる七夕まつりだと思います。今回はその『一宮七夕まつり』の駐車場や混雑状況。見どころについて詳しく書いていきます。

清水七夕まつり2018 日程と時間、アクセス方法や駐車場は?

昨年は60万人近くの人出でにぎわった静岡県清水区で行われる、清水七夕まつり。昭和28年に清水市内の商店街を中心に行われた歴史ある七夕まつりですが、『ちびまる子ちゃん』の舞台となる街ということで、他の七夕まつりとは違った雰囲気を味わうことができます。今回はそんな清水七夕まつり2018の開催日時やアクセス方法などを中心に紹介していきます。

安城七夕まつり2018 花火も見れる?

夏のお祭りと言えば花火ですが、残念ながら安城七夕まつりでは花火はありません。 ただ安城七夕まつり開催中の時期は花火大会もたくさん行われているので、七夕まつりと花火をセットで見ることができます。 どのイベントも2018年の日程が正式に発表されていないので確実ではありませんが、安城七夕まつりと一緒に見ることが可能な花火大会について書いていきます。

安城七夕まつり2018 日程や時間、駐車場は?

期間中は100万人を超す人が訪れる、安城七夕まつり。仙台、湘南ひらつかに並ぶほど、歴史も古く大きな七夕まつりになります。2009年から「願いごと日本一」というコンセプトを打ち出し、日本一長いと言われる竹飾りや短冊の数や願いごとに関するイベントが充実したお祭りになっています。安城七夕まつりの日時やアクセス方法、混雑状況などを書いていきます。

七夕祭り平塚2018の開催時間。屋台や駐車場の情報も

神奈川県平塚市で開催で行われる七夕まつり、「湘南ひらつか七夕まつり」が、2018年7月6日(金)~7月8日(日)に行われます。平塚の七夕まつりは、関東の三大七夕まつりの1つで、華やかな発色のソフトビニールや電飾を施した吹き流しなど、色鮮やかな飾り付けが特徴です。イベント規模が大きく、屋台の多さも有名、しかも都内より電車でわずか1時間とアクセス性も非常に良いので毎年多くの人出でにぎわいます。そこで一度は行きたい「湘南ひらつか七夕まつり」の開催時間や電車、バスでのアクセス方法。イベント、屋台、駐車場など盛りだくさんの情報を書いていきます。

東京 福生七夕まつり2018の日程とアクセス、混雑状況は

福生市の夏イベント「福生七夕まつり」。東京都内有数の七夕まつりで、1951年から開催され、仙台の七夕祭りと同じ旧暦の7月7日におこなわれるのが特徴です。華やかな竹飾りに、パレード、約100店にもおよぶ市民模擬店などにぎやかで、地元だけでなく周辺地域の方もたくさんの人が訪れるイベントです。ポスターコンテストはもう始まっていますが、福生七夕まつりの日程とアクセス、混雑状況を書いていきます。

増上寺の七夕祭り2018は東京タワーといっしょに

増上寺の7月7日に「七夕祈願会」が行われ、「和紙キャンドル」と「笹飾り」が七夕の雰囲気を作り出しています。和紙キャンドルで作られた天の川は東京タワーの天の川イルミネーションと合わさり幻想的な七夕を過ごすことができます。デートにもピッタリな増上寺の七夕の日程やアクセス方法、混雑状況などを書いていきます。

東京タワー七夕 天の川イルミネーション2018は期間限定のデートスポット

東京タワーの七夕祭りは、イルミネーションになります。3日月近く行われる「天の川イルミネーション」は東京タワー全体が天の川のように青い電球で装飾されてます。そのため、デートに最適な七夕まつりになっているので、ぜひカップルで出かけたいですね。※現在は2018年の情報が公開されていませんので、2017年をもとに掲載、新しい情報が出たら随時更新していきます。

東京大神宮七夕祈願祭2018 アクセスと混雑状況は

縁結びにご利益がある「東京大神宮」。東京のお伊勢さまとして知られ、伊勢神宮のご祭神がお祀りされていて、神前結婚式(神様の前での結婚式)が初めて行われた神社でもあります。この「東京大神宮」で行われる七夕祈願祭はたくさんの人がご祈祷に訪れます。7月7日の暑い時期に、炎天下で長時間並ぶことが必至の東京大神宮七夕祈願祭の開始時間や混雑具合、注意点などを書いていきます。

東京:浅草-上野 下町七夕まつり2018の日程とアクセス

下町七夕まつりは、浅草から上野にかけて約1.2km続く「かっぱ橋本通り」にて毎年催される七夕まつりです。たくさんの七夕飾り、地元商店の出店、そして音楽や踊り、様々なパフォーマーが集まり、にぎやかなお祭りになっています。また、土曜日と日曜日には歩行者専用となり、昔ながらの祭りの雰囲気を味わいながら、時間をわすれて楽しむことができます。そんな情緒ある下町七夕まつりの開催日程やアクセス方法、見どころなどを書いていきます。※現在は2018年の情報が公開されていませんので、2017年をもとに掲載、新しい情報が出たら随時更新していきます。