疲れが取れない60代女性は健康維持を考えた生活を

60代

60代で今後どれだけ健康に過ごしていくことができるかが決まってきます。

ここで体力を維持し、健康な生活習慣を築くことができれば、健康寿命を延ばすことが可能です。

その一方で、すでに病気になってしまい現状をいかに維持していくかという人もいると思います。

自分のことは自分でできるような生活を維持するために必要なことを書いていきますが、無理をしないで、できることをゆっくり自分のペースでやっていきましょう。

 

疲れが取れない60代女性は筋力低下を防ぐ運動を

個人差はあるものの、特に下半身の筋肉量が大きく減っていくとともに、骨ももろくなっていきます

そのため身体が思うように動かなくなって、ちょっとしたことで疲れてしまったり、すまずいて骨折を招くこともあります。

 

しかし、運動することによって筋量の減少や骨密度の低下などを予防したり、減退ペースを緩やかにすることもできます

せっかく長生きができる現代なので、ぜひ自分で身の回りのことはすべてできるくらいの筋力は維持して元気に暮らしていきたいものですね。

ウォーキング

ウォーキングは下半身の筋肉を動かすので、健康な生活を送っていくために最適な運動です。

運動をあまりやっていない人は、家の周りをぐるっと回るだけでも、十分な運動となります。

 

もちろん、ある程度の距離を歩かなければ筋肉はつきませんが、血流もよくなりますし食事も美味しくできるようになるので、ウォーキング以外の効果も実感できると思います。

 

しかし、いきなり無理に長い距離を歩いて怪我や故障してしまって動けなくなってしまって、筋力の低下がよりいっそう早くなり逆効果です。

まず最初は無理をしないでゆっくりと歩きましょう

 

あと運動としてウォーキングを考えた時に、気にすることは歩く姿勢です。この記事の下に歩き方の説明をした動画があるので見て参考にしてください。

室内の運動や体操

今、健康寿命を延ばそうといろいろな運動や体操が提唱されています

わたしの住んでいるところでも、週に一回公民館に集まって運動をしています。

 

しかし、発案した人によって運動の内容が違うため、情報が多すぎてどれがいいのか正直分からないと悩む方もいるかもしれません。

 

一番おすすめは、市町村の役場で行っているものです。

もし近所の人と集まってやる機会があるなら、運動だけではなくおしゃべりなどでストレスの発散ができるし、また脳が刺激を受けるため認知症の予防にもなります。

 

その様な集まりがなく一人で行う人は、この動画を参考にして運動してみてはいかがでしょうか。

運動は毎日続けなくてはと思うだすとストレスになります。

運動をし忘れてしまっても、できない日が続いても大丈夫です

また始めたらいいのです。

 

夏などは無理に歩いて熱中症になってしまったら大変です。

体調を見ながら、ゆっくり、のんびりすすめていきましょう

 

また、60代になれば何かしらの病気を持ってい人も多いでしょう。

そんな方は、運動を始める前に自己判断せず、病院で聞くようにしましょう。

 

疲れが取れない60代女性は栄養不足に注意

年齢を重ねるうちにだんだんと食欲が無くなっていきます。

しかし、年齢を重ねたから食べる量を減らしていいのかというとそういうわけではありません。

 

特にたんぱく質に関しては、食事量の減少し代謝も下がるため、体内に取り込む量が減少します

日本人の食事摂取基準(2015)策定検討会報告書によると、たんぱく質の摂取量は30代女性は体重1kgにつき0.9gですが、70代女性は1.06gと若い時よりも多く取るように書かれています。

そのため、年齢を重ねるほど、積極的にたんぱく質をとる必要があります

 

また、必要カロリーも代謝が下がり行動量も減る高齢者はあまり必要が無いと考えられてきましたが、若年層に比べて大して減少しないことが分かってきています。

健康な人の場合、女性で1700キロカロリー必要とされているのでそれなりに食べないと必要カロリーを満たすことができません。

 

60代を超えてくると、ある程度しっかりした体つきのほうが長生きするというデータも多くあるので、肥満になるのは良くありませんが、体重を落ちないようにしっかり食べることが大切になってきます

 

まず食事は抜かずに1日3回食べるようにしましょう。

食事を抜くとカロリー、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが不足しがちです。

カロリーと栄養素の不足は、筋力の低下を招き疲れが取れない体になってしまいます。

 

肉・魚・卵・牛乳などたんぱく質が含まれる食材を少量でいいので毎食とるようにしましょう。

またビタミンB6やビタミンB12など含まれるため、疲れを取るのにも最適です。

 

野菜、果物、きのこ、豆など食物繊維が豊富な食材もしっかりとりましょう。

便秘になると食欲が落ちてしまい、食事がおいしくなくなってしまいます。

 

全体的に、たんぱく質を意識しつつ、バランス良い食事を取るように心がけるといいでしょう。

 

ただ無理にお肉などをたくさん食べればいいというわけではありません。

消化は体力をかなり使うので、食べすぎは逆に疲れやすくなってしまうからです。

そのためバランスの良い食事をして、食事では補いえない分をサプリなどで飲むようにするという工夫が必要となります。

 

ただ、食事制限や食事療法を行っている人は、病院の栄養士と相談するようにしてください。

勝手に、食事内容を変えることはしないようにしましょう。

 

疲れが取れない60代女性は睡眠時間を管理する

60代になると、だんだんと早起きになって睡眠時間が短くなったり、夜に目が覚めることが増え、睡眠の質が下がってきます

そのため日中どうしても疲れやすくなり、行動量が下がって更に眠れないということになってしまう人がいます。

 

年齢を重ねてきたら、寝室などの環境を整える以外にも、若いときとは違ったよく眠れる環境というものを整えていきましょう。

 

60代になると会社をリタイアする人も出てきますが、大切なことはいきなり生活習慣を変えないことです。

特に、仕事をしていたときは夜遅くまで働いてきて寝る時間が少なかったけど、これからはゆっくりと眠ることができると思っている人は注意が必要です。

 

昼間に動く量が減って体が疲れていないのに夜早く寝ようとすると、思うように眠ることができず、焦りが出てしまい逆に眠りを妨げてしまいます。

仕事をしていたときの習慣を大きく変えるようなことはせず、しばらくは生活リズムを維持しましょう

 

また朝早く目が覚めてしまわないように、寝る時間を遅する努力も必要です。

早く起きるようになりだすとどんどん早くなってしまい、疲れやすい原因になります。

夕食後はテレビを見ながら居眠りをしたくなりますが、我慢して起きていることも必要になります。

 

その他にも60代になるとトイレが近くなり、夜中に何回も起きて睡眠の質が落ちてしまいます。

寝る前に飲み物をたくさん飲まないようにする工夫も必要です。

お茶やジュースなどを飲むとトイレが近くなってしまうので、のどが乾いたら水を飲むようにしましょう。

 

ただし、夜トイレで起きたくないからと、水分摂取量を極端に減らしてしまうと脱水症状に陥って危険です。

あくまでも、飲みすぎないと思っておくと良いでしょう。

 

疲れが取れない60代女性は夫婦関係の再構築を

60代になると、2人そろってリタイアという夫婦も多いことでしょう。

 

今まで、あまり顔を合わせることもなく、会話も少なかったのに急に2人の時間が増えるとストレスになる原因になります。

特に夫が口は出すが何もやらないとか、自分の行動をいちいちチェックするなどの行動が重なると体調不良を起こし、更年期に似た、めまい、動悸、頭痛、不眠といった症状があらわれることがあります。

 

「夫源病」と言いそうで、実は結婚している全世代で多く見られるそうです。

更年期障害と言われてきたものも、実は夫に対するストレスなのではとも言われています

 

夫源症は、夫婦の会話がなくなることから始まります。

子供が独立すると夫婦で話をすることが無いという人も多いことでしょう。

 

しかし、夫からのストレスを減らすには、自分の要求を上手に伝え、嫌なことはしっかりということも必要になります。

自分の気持ちを素直に話せば、当然喧嘩になってしまいますが、これも大切なコミュニケーションです。

問題を大きくこじらせないようにするためにも、本気で言い合える関係を築くことが必要です

 

現状、すでに夫といるのも嫌だという人は、ちょっと距離を置くようにしましょう。

夜、友達と出かけたり、数日間旅行に行くなど、距離を取るとるとお互い冷静になれます。

 

常に近くにいるという状態から、適度な距離感の夫婦関係を築くようにすると夫婦関係にも変化がみられるようになります

また夫は、今までやっていなかったことをやらなくては行けなくてなって、あなたに対して感謝を持つかもしれません。

 

それ以外にも、大声で叫ぶ、ドラマや映画などで思いっきり泣くなど、自分なりのストレス発散方法を見つけて、爆発してしまう前にガス抜きを行うといいでしょう。

 

疲れが取れない60代女性はお茶のパワーで健康に

お茶は飲むとホッと落ち着いた気持ちにさせてくれます。

緑茶には神経を興奮させるカフェインが入っているにも関わらず、そんなリラックスする気持ちになるのは「テアニン」という物質が緑茶には含まれているからです。

このテアニンですが、α波を出したりストレスによる不安や緊張を緩和したりと体をリラックスさせる作用が強いことで、知られています。

 

また、緑茶に含まれる「カテキン」の持つ抗酸化作用は、神経細胞を保護することが実験からわかっています。

そのため緑茶の「テアニン」と「カテキン」の作用によって、認知症などの予防の可能性も期待されています

 

実際に、東北大の調査より、「緑茶を1日2杯以上飲む人は、週3杯以下の人に比べて認知障害になりにくい」という結果も出ています。

その他にも緑茶を1日5杯以上飲むと、脳や心臓などの循環器系疾患全体の死亡リスクも減ることが分かっています。

 

健康寿命を延ばすために、毎日お茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

疲れが取れない60代女性は現状維持を目指す

60代からはいかに健康に暮らしていけるかで、生活の質が変わってしまいます。

自分の身の回りのことを自分でできるようになるには、適度な運動とバランスのいい食事は欠かせません。

また、ストレスに対しても弱くなってきているので、今まで我慢を重ねてきた人は、ここで自分らしい生活を送るということも考えてみてはいかがでしょうか。

 

⇒⇒更に疲れを取る方法こちら

⇒⇒疲れたときにおすすめの無農薬緑茶はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました