疲れが取れない40代女性は自分らしく無理をしない

40代

子供の受験と家事、ダンナの世話、会社の仕事と40代は何かとストレスがたまっていきます。

その一方で、身体は30代と比べて明らかに疲れやすくなり、ストレスに対しても弱くなっていることを実感する年代でもあります。

そして、更年期に似た症状があらわれてきて、常に体がだるく、イライラが収まらなかったりと言うことを聞かない体にストレスを感じることでしょう。

体の変調が大きい40代女性が疲れをためない、そして疲れをしっかり取るためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

疲れが取れない40代女性は体力低下を食い止める

こんなツイッター投稿がありました。

40代の人は「あー、そうそう」と思っている人も多いことでしょう。

 

でも、ここで諦めてしまっては体力は落ちていくだけだし、疲れが取れない体が出来上がってしまいます。

ぜひ運動して、体力を維持して疲れにくい体を作っていきましょう。

 

ただし、40代の体は思っている以上に無理がきかないので、自分の体力以上のことをやらないようにしましょう

また体力作りは健康な体があっての事、身体に不調がある人は治療に専念してくださいね。

 

まず運動をほとんどしてこなかった人は、ウォーキングなどから始めましょう。

ハードな運動は疲れがたまるだけで長続きしませんし、40代からの運動は、この先どれだけ健康に生きていくことができるかという視点が必要となり、無理なく続けることが一番大切です。

 

ウォーキングは最初15分ほどから始めて、徐々に慣れたら30分ほどにしていきます。

ただ歩くだけだと続かない人は、行きつけのカフェに行く、近くの本屋さんまで行く、図書館まで行くなど目的地を決めて、ウォーキングをすると継続がしやすくなります。

 

また20代、30代にジョギングをしていた人は、ジョギングから始めたくなるかもしれませんが、高い確率で体を傷めてしまいます。

40代で膝など体を痛めると治りにくいので、まずは自分の体力を過信せず、ウォーキングから始めるようにしましょう

 

ウォーキングが慣れてきたら筋トレも追加していきます。

 

まずは道具を使わない自重トレーニングが気軽に行えていいでしょう。もっとも手軽に行えるのは、スクワットと腹筋です。

両方とも、自宅で気軽に行える筋力トレーニングなので続けやすい利点があります。

しかし、スクワット・腹筋共に正しく行わないと体を痛めてしまうので、しっかりと調べてから行うようにしてください。

 

下半身とお腹の筋肉がついてくれば、姿勢も良くなってくるのでだんだん疲れにくい体になってきます。とにかく毎日続けていくことが大切です。

ウォーキングと自重トレーニングが習慣になってくれば、体も軽くなり他の運動もできるようになってきます。

 

しかし何度も言いますが、くれぐれも無理をしないようにしましょう。

そして、すでに病気などで病院にかかっている人は、運動する前に一度お医者さんに相談するようにしてください

 

疲れが取れない40代女性は精神的ストレスを発散する

40代は子供の教育のこと、仕事での人間関係など精神的ストレスが多い年代です。

そのためどうしても精神的にイライラしたりしがちです。

 

また精神的な問題から体の不調を引き起こすため、できるだけ精神的ストレは発散させてあげる必要があります。

おすすめは、今の環境からちょっとだけ離れてみることです。

 

  • 休日に映画やショッピングに出掛ける。
  • 休みの日に友達とランチに出かけておしゃべりする
  • 好きなドラマなどを見る
  • 自分へのご褒美を買ってみる

 

自分の生活習慣からちょっとだけ抜け出せるようなことをするだけで気分転換になります。

数分間何も考えないというのもいいかもしれません。

 

また、運動は体力低下を防ぐだけでなく、精神的なストレス発散にも有効です。

好きな音楽を聴きながら、ウォーキングや筋トレをするのもいいかもしれませんね。

 

疲れが取れない40代女性は目の疲れを解消する

夕方近くになってくると、目が疲れてかすんだり、ぼやけたりしていませんか?

30代までは気にならなかった、目の疲れや問題が40代になると一気に出てきます。

 

とくに、今は仕事ではパソコン、プライベートではスマホと目を酷使することが多くなっているので、目の疲れに悩む人も多いでしょう。

そして、目の疲れはただ目が見えにくいだけではなく、首や肩のコリ、頭痛、吐き気やめまいなどを起こすため、早めの対処が必要です。

目元を蒸気で温める

目を約40℃の蒸しタオルで10分間温めると、目のピント調節が改善することが分かっています。

またドライアイの症状も改善するそうなので、毎日家に帰ったら目を温め一日の目の疲れをリセットしましょう

目のストレッチ

疲れ目の解消と首や肩のコリを取りたいとき、肩をまわしたり、首を左右にストレッチすると筋肉の緊張がほぐれ、血流が良くなります。

また「目をギューと閉じる」「目を大きく見開く」を繰り返すと目のまわりの筋肉のすとれっちとなるとともに、涙腺が刺激されて目にうるおいを与える効果があります。

スマホやパソコンの使いかたを注意する

パソコンやスマホの画面を見続けることをせず、定期的に目を休めるようにすると、疲れがたまりにくくなります。

スマホは文字の大きさを調整するなどして、できるだけ目から離して使用するようにすると目の負担が小さくなります。

またブルーライトをカットするグッツだったり、スマホによってはブルーライトを減らす機能が付いたものもあるので活用してみましょう。

目にやさしい生活を心がける

ときには表にでかけ自然に親しむといいでしょう。視野が広がり、遠くを見るので、目にとってよい環境です。

また、外出時は紫外線から目を守る帽子かぶったりやサングラスをするのもおすすめです。

目の疲れに効果があるツボをおす

<清明(せいめい)>
目の疲れに効果が高いといわれるツボです。目頭の脇にあります。

<四白(しはく)>
目の充血や痛みを改善したりけいれんを抑えるツボです。黒目の真下から指1本分下にある小さなくぼみにあります。

<攅竹(さんちく)>
目のカスミなどを改善するツボです。眉頭を指で触ったときに、少しへこんでいるところにあります。

<太陽(たいよう)>
眼精疲労による頭痛などに効果のあるツボです。こめかみのあたりに指を置いた状態で歯を動かしたとき動くところにあります。

 

気持ちよく感じる強さ約5秒間を各3回を目安に押します。目の周りの皮膚はデリケートなため強く押したり、こすると傷つく可能性もあるので気をつけて行うようにしましょう。

自分に合ったメガネなどを使う

40代になると老眼も始まってきますが、自分の視力や状態に合わない眼鏡を使っていると目がものすごく疲れます。

わたしは眼鏡を変えただけで、頭痛が治ったということも経験しています。

字や標識などが見ずらいと感じたら、眼科に行って視力検査をしてもらい、眼鏡を作り替えたり、もしくは新たに作ったりしましょう。

 

疲れが取れない40代女性プレ更年期を上手に乗り切る

40代から、女性ホルモンの減少により更年期に似た症状が現れるようになります。

また近年は40代後半から更年期障害が始まる人もいて、どんどん更年期の症状を訴える年齢が下がっています。

  • ストレス
  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食生活の偏りなどによる質的栄養不足

などによって女性ホルモンの分泌量が減っていることが原因と考えられています。

女性ホルモンの分泌量が減ってくると、更年期障害と全く同じ症状があらわれてくるので、早めに生活習慣を改善して、女性ホルモンの分泌量の減り方を緩やかにするようにしましょう。

バランスの良い食事

残念ながら女性ホルモンを増やしてくれる食事はありません。

しかし栄養バランスの悪い食生活はホルモンの減少を速めてしまい、より一層更年期の症状で悩んだり、疲れが取れなかったするので気をつける必要があります。

 

女性ホルモンを構成する栄養素は、たんぱく質と資質になります。

また、この2つが不足していると、体の回復もままならなくなってしまいます。

 

女性ホルモンを整えるために、必須アミノ酸や、ビタミンA、Lカルニチン、ルテイン、亜鉛、ヘム鉄、トリプトファンなどを含む「赤身の肉、卵、青魚」などを積極的に食べるようにしましょう。

逆に糖質は体を老化させやすいので、40を過ぎたら徐々に控えめにしていきます

 

それ以外に、ビタミンB、ビタミンC、マグネシウムや鉄分などを含む食事を取るように心がけていきましょう。

こちらに詳しく書いてあるので、ぜひ参考にしてください。

質の良い睡眠をとる

夜の22時以降は女性ホルモンが最も分泌され、細胞や脳神経が回復する時間帯です。

22時〜深夜2時までは「お肌のゴールデンタイム」とも言われ、美容にとっても大切な時間になります。

そのゴールデンタイムに質の良い睡眠をとるために20時くらいまでに食事を済ませ、睡眠の質を落とすアルコールやカフェインの摂取を控えましょう

 

また入浴は深い眠りに入るためにおすすめです。

睡眠の質を高めるためには38〜40度のお湯で、5〜10分程度が理想的です。

 

睡眠時の環境も大切になります。汗をかくと交感神経が働き眠りが浅くなってしまうからです。

体の疲れを取るためにも、冷暖房をうまく活用して、快適な室温で寝るようにしましょう。

 

そしてスマホやパソコンは早めにやめることも大切です。

寝室にはスマホを持ち込まないと決めるのもいいかもしれません。

軽い運動をする

ウォーキングは、脳内でのセロトニンやドーパミンが分泌を促します。

セロトニンやドーパミンは興奮した神経を落ちつかせ、疲れとストレスを改善してくれるため、夜眠りやすく質の良い睡眠を取ることができます。

ドキドキとワクワクを作り出す

音楽、趣味、旅行、買い物、友人との食事、愛する人とのスキンシップなどドキドキやワクワクするようなことをしましょう。

ドキドキやワクワクは大量のドーパミンを分泌します。そして ドーパミンを分泌する神経は、エストロゲンの分泌を指令する視床下部を通るので、エストロゲンにも良い影響が期待できます。

我慢をしない

笑う、泣く、怒るなど感情を我慢せずに出すことはストレス解消に大変有効です。

また、日本人はどうしても休むことに抵抗がありますが、疲れがたまって体調が悪くなる前に、休んだり寝たりするようにしましょう

疲れた状態で無理をすると、更年期の症状がより一層悪化してしまいます。

 

疲れが取れない40代女性は緑茶を飲んでホッと一息

多くの人は、緑茶を飲んで、ホッとしたこがあるとは思います。

それは、暖かいお茶を飲んだからかもしれませんし、お茶を飲むタイミングが一息ついた時だからかもしれません。

 

しかし、お茶自身にもにも心を落ち着けてくれる効果があります。

お茶のうまみ成分であるテアニンには副交感神経を活発にし、体全体の緊張を解き、心身ともに落ち着いた状態にしてくれます。

 

そのリラックス作用によって、ストレス緩和や睡眠の質を改善する効果が期待できると言われています。

また、緑茶に含まれるカフェインには覚醒作用、利尿作用や血行を良くする効果もあり、適量であれば疲労回復にも大変有効です。

 

その他にも緑茶はカテキンやビタミンCなど抗酸化作用がある栄養素が含まれているため、アンチエイジングの効果も高く、女性としては毎日摂取したい飲み物です。

 

疲れが取れない40代女性は自分らしく生活していく

40代は、ちょっと無理をするとすぐに何かしらの体の不調が出てきます。

30代までは気力で乗り切ることが、それができなくなってくる年齢なのです。

 

また50代、60代と健康に過ごしていくためには40代をいかに上手に過ごしていくのかが大切になります。

そのため、体に大きな負担がかからない生活習慣をつくり、それと同時に自分らしい生活スタイルとはどんなものか考えて日々の暮らしに取り入れていくといいでしょう。

 

⇒⇒更に疲れを取る方法こちら

⇒⇒疲れたときにおすすめの無農薬緑茶はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました