思考停止症候群、その原因と改善方法

思考

〇〇症候群という言葉が
どんどん作られていく世の中。

 

その中で、思考停止もとうとう『思考停止症候群』
という病気みたいな扱いになってしまいました

 

 

 

それは、スマホなどのデジタル機器の発達と
処理しきれない程の情報によって、
思考停止になる人が増えたのが原因でしょう。

 

 

  • そこで、そもそも思考停止とは何なのか?
  • 思考停止症候群とはどんな状態を言うのか?
  • そんな人が思考停止症候群になりやすいのか?
  • 思考停止症候群から抜け出すにはどうしたらいいのか?

 

を詳しく書いていきます。

 

思考停止症候群とは

そもそも、『思考停止症候群』
という名前が生まれる前から、
思考停止はダメだと言われてきました。

 

 

思考停止とは、 Weblio辞書には、

自分自身で物事について考え、判断することをやめてしまうことを意味する語。多くは批判的に用いられる語

と書かれています。

 

要するに、考えられなくなることです。

 

 

人はだれでも、
強いストレスを受けた場合、
思考停止になることがあります。

 

これは、考えることをやめて脳を守るためです。

 

 

 

しかし、思考停止症候群になると、
そんな状態から続いて抜け出せなくなります。

 

 

症状としては

 

  • やる気がでない
  • どれだけ寝ても眠い
  • ダラダラと過ごす
  • やりたいことができない

 

という行動的なものから

 

  • 怒られたくない
  • 平穏に暮らしたい
  • 苦労したくない
  • 今の生活でいい

 

という精神面的なことまで。

 

とにかく、めんどくさいことを
避けたいという気持ちが優先されます。

 

 

今はスマホによって、何も考えなくても
時間をつぶすことができるようになりました。

 

また、答えを知りたければ、
インターネットですぐに出てきます。

 

 

考えなくても良い環境が
ととのった
ことによって、
思考停止症候群が増えているのです。

 

思考停止症候群の恐怖

実は、今は思考停止状態でも
過ごしていくことができる時代です。

 

スマホ1つで、ほとんどのものが手に入ります。

 

家に変えれば、テレビや動画を見て、友だちとSNS。

 

 

考えなくても、暇だということはなく
時間をどんどん消費することができます

 

 

 

そうすると、サボる癖がついてしまいます。

 

 

 

『これは絶対にやりたい』と
思っていたことがあったのに、
気がついたら1年経ってしまっていた
なんてことになってしまいます。

 

 

時間というものは取り戻すことができません。

 

だから、気がついたときには
取り返しがつかなくなっていた、
なんてことになってしまう
のです。

 

 

 

また、これからの時代、会社では
自ら考えて行動できる人たちが優遇されるし、
社会全体もそういう人たちが勝ち組になる
構造になりつつあります。

 

 

その中で、思考停止症候群の人は、
厳しい人生を送らなければならない可能性が
ものすごく高くなってしまう
ことを
考えないといけません。

 

こんな人が思考停止症候群になりやすい

頭と心をどんどん疲弊させていき、
思考停止症候群になりやすい人がいます。

 

  • 完璧主義の人
  • ネガティブの人
  • 優しい人
  • 好奇心旺盛な人

 

では、それぞれの特徴を書いていきます。

 

完璧主義の人

世の中に無いものを求め続けるために、
頭と心がどんどん疲れていってしまいます。

 

 

そもそも、完璧主義の人が考える完璧な状態というのは、
他人から見て【完璧】な状態ではなく、
『自分が納得できるかできないか?』ということ。

 

 

でも『自分が納得できるもの』と
『他人が望む結果』には大きな開きがある
ということが良く起こります。

 

自分は完璧にやったと思ったことが
何回も他人から否定されるてしまうのです。

 

 

そうすると、人によっては
真面目に考えることが嫌になって
思考停止になってしまいます。

 

ネガティブな人

ネガティブな人というのは、
自分の過去の失敗や経験に
常にとらわれています

 

どれだけ大丈夫だと言われても、
自分の失敗経験があるとことは、
無条件で拒否してしまいます

 

 

また、ネガティブな人の多くは
過去の習慣で人生を送っています

 

そのため無意識に新しいことを避け、
失敗を克服しようという
考え方が自然となくなっていくのです。

 

 

それが、人生全般のことで起こって、
思考停止症候群になってしまいます。

 

優しい人

自分よりも人を最優先に
考えてしまいがちです。

 

相手をいたわったり、
優しく接することができるのは
良いことだと感じられるかもしれません。

 

 

でも、相手の考えを優先したり、
相手が困らないようにしたりして、
自分の考えを飲み込んで
どうしても自分が我慢してしまいます

 

 

 

そうやって、
相手のことをずっと優先していると、
その方が楽なので自分で考える
ということをしなくなっていきます

 

そして、思考停止状態が
普通になってしまうのです。

 

好奇心旺盛な人

好奇心旺盛ということは、
いろいろなことに興味を持ち、
人生をものすごく楽しんでいる
イメージが強くあるでしょう。

 

 

しかし、興味の範囲が広いと
情報過多になりがちです。

 

そうすると、脳は情報を処理しきれなくなり、
脳を守ろうと思考を停止させてしまいます

 

 

何か新しいこと興味を持って
取り組むことは良いことです。

 

でもあれもこれもと興味を持つ人は、
思考停止症候群に陥ってしまい、
結局どれもできないまま
人生が過ぎていってしまいます

 

あなたも思考停止症候群かも

ほとんど人は、自分が
思考停止症候群だとは思いません

 

なぜなら、普段から考えている
という認識があるからです。

 

 

でも、その多くは
自分でしっかりと考え、
判断したものではありません。

 

テレビやインタネットから手に入れた
情報を思い出しているだけです。

 

 

ただ、脳は自分で考えて判断したことと、
外部の情報を思い出していることの
区別が上手くできません

 

だから、自分では思考停止症候群に
なっているのか?なっていないのか?
自覚するのが難しいのです。

 

 

 

そこで、思考停止症候群の
チェックリストを作ってみました。

 

あなたは、いくつ当てはまりますか?

 

  1. 代わり映えしない毎日を送っている。
  2. ルールはしっかり守る
  3. 最近新しいチャレンジをしていない
  4. 過去の失敗がものすごく気になる
  5. 分からないことは、すぐ人に聞く
  6. 争いごとは避ける
  7. 休みの日、気がついたら1日過ぎている
  8. 流行のものばかり買ってしまう

 

以上ですが、あなたは
どの程度当てはまったでしょうか?

 

 

もし、半分以上当てはまるようであれば、
思考停止状態になりつつあるので、
注意が必要です。

 

思考停止症候群から抜け出すには

今、思考停止状態を助長している
いちばんの原因はスマホやインタネット
です。

 

何も考えずに、ずっと時間をつぶすことがからです。

 

 

もし、暇があればスマホを触っている
という人は、思考停止症候群に
なりやすい環境にいるということです。

 

 

 

そのため、思考停止症候群から抜け出すには、
まずスマホと一定の距離感を保つ
というのが、有効です。

 

 

まずは、4時間くらいスマホの電源を
切ってみてはどうでしょう

 

 

わたしは、やってみたら、
居ても立ってもいられませんでした。

 

 

でも、スマホの電源を切ると、
何かから開放されたみたいに、
頭がスッキリします

 

そして、いろいろと考えることが
できるようになります。

 

 

 

また、普段から無意識に行ってしまうことを
あえて、意識するということも有効です。

 

  • 毎日、ランチで同じものを食べているなら、毎日違うものを食べるようにする。
  • 買い物では、なぜそれを買うのか?いったん考えてみる。
  • 読書をしてみる。
  • やりたいことにチャレンジしてみる。

 

 

 

また、今は情報量が異常なほど多いので、
自分で必要な情報だけを選び取る
ということも心がけていきましょう

 

  • テレビは、この番組だけと決める。
  • ブログはこの記事だけを見る。
  • Youtubeはお気に入りのもを、30分だけ見る。

 

 

特に、Youtubeは次の動画が見たくなるような
システム
になっています。

 

それに流されていると、
1日終わってしまうので注意が必要です。

 

 

 

確かに、いちいち考えるのは
めんどくさいとことかも知れません。

 

でも、適度に考えること、
めんどくさいことをやっていかないと、
何もできないまま人生が終わってしまいますよ

 

 

 

最初は、とにかく何でも意識して考える
ということから始めましょう。

 

思考停止症候群を抜け出して、不利にならない人生を

思考停止症候群になると、
他人の言いなり
になってしまう
可能性が高くなります。

 

さらに、特に必要のないものを、
インタネット経由で購入してしまい、
金銭的にも困る状態になってしまうことも。

 

 

 

今は、人が一生かけても、
見ることができない情報が
インタネット上にあります。

 

そして、その情報は玉石混交です。

 

 

でも、思考停止状態では、
その中から自分にとって有益な情報を
手に入れることはできません

 

 

是非、普段から自ら考える癖をつけて、
思考停止症候群にならないように
心がけていきましょう。

 

おすすめ記事
⇒⇒『自ら思考停止に飛び込まない』

 

タイトルとURLをコピーしました