疲れが取れない原因を知って生活改善に役立てる

仕事でもプライベートでも忙しい日々を過ごしていると、疲れが取れないな、と感じることがあると思います。

しっかり休息をとっているのにどうして疲れが取れないのでしょうか。

そんなときは、自分がどうして疲れているの原因を探ってみるといいかもしれません。

自分の気づいていないところに、疲れが取れない原因が潜んでいるかもしれません。

疲れが取れない原因(1)休日遅くまで寝ている

毎日の残業や子育てや家事などで就寝時間が遅いと、休みくらいはゆっくり寝ていたいと感じるでしょう。

でも、休日だけ遅くまで寝るのは、逆に疲れが取れない原因になってしまう可能性が高くなってしまいます

なぜなら、休日だけ生活のリズムがみだれてしまうからです。

人は一定のリズムで生活しているのが最も体に負担がありません。

しかし、一日だけ不規則な生活リズムになると、心身ともに負担がかかるためどうしても疲労感が強くなってしまいます

また、乱れた生活リズムをもとに戻すときも、負担になるので平日も疲れるという悪循環になってしまいます。

疲れが取れない原因(2)朝食を食べない

毎日忙しいと、朝はギリギリまで寝ていたい誰でも思います。

特に体の疲れが取れない日々を送っていると、少しでも長く寝て体力を回復したいと考えるのが普通です。

そのため朝ギリギリまで寝るために朝食を食べない人もかなりいるでしょう。

また中にはダイエットのためと朝食を抜いてる人もいるかもしれません。

特に20代女性は4人に1人が朝食を食べていないというデータもあります。

しかし、朝食を抜くと体温が上がらなかったり、午前中の活動に必要なエネルギーが足りず、より疲労を感じるようになってしまいます。

また脳のエネルギー不足は、思考能力や集中力の低下を招くだけでなく、より強い倦怠感を感じてしまいます

疲れが取れない原因(3)運動をしない

普段疲れているのに、運動なんかしたくないと思っている人もいるでしょう。

疲れているんだから、ゆっくり家で安いんでいたほうがいいのでは?と考えるのが普通だと思います。

しかし、運動をしないと脳内で睡眠物質が十分に作ることができず、眠りが浅くなり、睡眠による疲労回復が不十分になってしまいます。

また、今は仕事ではパソコン作業、通勤時や家に帰ったらスマホと同じ姿勢を取り続けることが多くなってきました。

同じ姿勢でずっと得れば、血流も悪くなり肩こりや眼精疲労、頭痛などを引き起こし、常にだるいという状態になってしまいます。

そんなときは運動を積極的にすれば、血流も改善され疲労も収まってきます

疲れが取れない原因(4)体力低下

特別運動を続けてこなかった人の体力低下は想像以上に多きものです。

  • すぐに息が上がる
  • 夜中の生中継のスポーツを見ると翌日が辛い
  • 仕事から帰ってもなにもする気が起きない
  • 行動するスピードが落ちた
  • などを日々感じている人も多いと思います。

筋肉量は10代をピークに年齢を重ねるごとに減ってい来ます。

筋肉量が減ってくると、老廃物を体の外へ出す力が弱まり、疲れが取れにくい状態になります

また基礎代謝も下がるため、太りやすい体質になり、体重が増加してしまうことも疲れやすい一因になっています。

疲れが取れない原因(5)仕事や人間関係のストレス

普通に生活をしていたら、誰でもストレスはあるでしょう。

とくに仕事と人間関係のストレスは、男女年齢問わず感じていると思います。

ただ、ストレス状態が続くと自律神経のバランスが崩れてしまいます。

自律神経のバランスがくずれると、多くの場合夜眠れなくなるなり睡眠不足になり、体の疲れがどんどん溜まっていってしまいます

またストレスは体内のホルモンバランスを崩してしまうので、免疫力が低下していきます。

免疫力が低下すれば、体内に潜伏していたウィルスや細菌などの活動が活発になります。

そうすると体は自分を守るため脳に疲労感を伝えるため、疲れを感じたり、気分が落ち込んだりして、常に疲れた状態になってしまいます

疲れが取れない原因(6)飲み過ぎ・食べ過ぎ

コンビニでは、日々新しい商品が発売され、テレビではおチャレなお店が毎日紹介されています。

今食べたいと思うものがどんどん増えていき、そして食べたいときに食べることができる世の中でもあります。

そのため多くの人が食べ過ぎや飲み過ぎということのなってしまっています。

そして食べ過ぎ・飲み過ぎも疲労の原因になってしまいます。

カロリーがオーバーした状態が続くと肝臓が常に働き続け、だんだん弱ってきます。

肝臓が弱ると強い疲労感を感じるようになります

また満腹のまま寝ると、胃腸が睡眠中も働き続けるので睡眠の質が下がり、寝ているのに疲れが取れないということになってしまいます。

疲れが取れない原因(7)栄養不足

今は飽食の時代ですが、コンビニをはじめ、売られているお弁当やおかずは揚げ物中心と偏っています。

また、お菓子や炭酸飲料などもすぐに買うことができますが、これらはカロリーはあっても含まれる栄養素が少ないのが問題です。

そのうえ、野菜や果物の摂取量が少ないため、体の疲れを取るために使う栄養素が不足している人が多いのです

特にエネルギーを作ったり、免疫機能の維持、新鋭細胞の伝達などに必要なビタミンB群は不足しがちな栄養素です。

またビタミンCは、副腎皮質ホルモンというストレスに対抗する物質を作るのに大量に使用されます。

そのため、体内のビタミンCが不足は、ストレスの抵抗力が弱くなり、精神疲労の原因となってしまいます

疲れが取れない原因は様々

今回あげた以外にも、疲れが取れない原因はたくさんあります。

最近疲れが取れないなと感じたら、まずは生活習慣を見直してみるといいでしょう。

多くの人は、それでかなり体が楽になると思います。

それでも、疲れが取れないという人は一度診察を受けてみるといいでしょう。

⇒おすすめの記事はこちら

シェアお願いします