報連相とは その大切さと重要なポイント

ビジネスでは欠かせない「報連相」ですが、自分自身きちんとできているかと言えばそうも言い切れないところがあります。

しかし「報連相」をしっかり身につければ、会社での問題も減るし上司との関係も良くなることは間違いありません。

仕事で他の人より一歩先に行くために、「報連相」の大切さを改めて認識するとともに重要なポイントを話していきます。

報連相は仕事をしていくうえでの基本的なスキル

「報連相」は会社員としてだけではなく、フリーランスの人にとっても大切な基本的スキルです。

なぜ基本的なのかというと、「報連相」がしっかりできていれば仕事はほぼ滞りなく進むからです。

また、上司とのコミュニケーションをしっかりと行うツールとして使用すれば、仕事上のトラブルを大幅に減らすことができるためあなた自身のためにもなるのです。

報連相がなぜ大切なのか?

「報連相」がしっかり行われないと仕事上様々なリスクが発生します。

たとえば、部下から上司への報告や連絡が遅れてしまうことによって、今行っている仕事が大幅に遅れてしまう可能性があります。そうすると会社全体の計画に大きな影響を及ぼしてしまいます。

また顧客対応が、大幅に遅れれば会社の信用にも関わってくるのです。

相談が行われなかった場合は、プロジェクトも終盤というところであなたの判断が間違っていたため大幅なやり直しが発生してしまうかもしれません。

このように「報連相」を面倒だからと一回行わなかっただけで、あなたの作業の進捗が遅れたり評価が落ちたりするだけでなく、あなたのチームや会社全体に悪影響を与えてしまうのです。

報連相をしっかりしないとこんなトラブルが

では、「報連相」をしないとどんなトラブルが起こるのか具体的に見ていきましょう。

報告をしなかったときのトラブル

報告をしっかりしないことで起こる一番大きなトラブルは、クレームなど発生したときの対応です。

上司にどのようなことが起こっているのか迅速に報告しなかったために、上司に報告したときには被害が広がってしまっていて、会社全体の問題になってしまう可能性が高くなります。

そうなれば、上司の責任問題に発展することもあるのです。

連絡をしなかったときのトラブル

打ち合わせや会議を行いたい場合、事前に連絡をしっかりしなくては関係者全員が集まることができず、集まった人は無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

またその会議で決まなくてはいけないことが、決まらずプロジェクトの進行に大きな影響が出ることもあります。

行っている仕事で変更があったときに連絡をしなかったらどうなるでしょう。

他の人が変更があったことを知らずに仕事を進めてしまえば、その人の仕事は無駄になってしまい余分な経費が掛かってしまうのです。

相談をしなかったときのトラブル

仕事を受けると、必ずどうしたらいいのか疑問に感じることが出てきます。その時、相談することなく自分の判断で進めると全部やり直しになることがあります。

これは、新人だからベテランだからというのは関係なく起こりうることです

仕事を依頼するとき一から十まで全て話して頼むわけではありません。

何か判断が必要な時は、仕事の状況などを見ながらどうするか決定するというのはよくあることです。

仕事をしていて、疑問に感じることがあったら必ず相談する癖をつけておくと、効率的に仕事を進めることができるようになります。

報連相の重要なポイント

「報連相」は大切なのですが、たくさん行えばいいというものではありません。タイミングが悪いと上司からも怒られてしまいます。

そこで重要なポイントとなる、「報連相」のタイミングについて考えてみます。

仕事が終わったとき

これは絶対しなくてはならないタイミングです。

終了した仕事の内容を確認をするとともに、次の業務を受けることになるでしょう。

仕事の中間報告

業務が短時間で終わらないものに関しては、途中で「報連相」をする必要があります。

ただし、頻繁に上司のもとに行くと何も考えていないと勘違いされて怒られる可能性もあります。

仕事の区切りで報告するようにしましょう。区切りが分からない場合は2日に一回くらい報告すると良いでしょう。

仕事の進め方に変更が必要なとき

仕事をしていると、当初の予定通りに進まず変更が必要になることがあります。

その場合は迷わず上司のところに出向き「報連相」を行います

新しい情報を手に入れたとき

他部署と連携した仕事をしていると、情報が変更になったりする場合がかなりの頻度で発生します。

そうしたときも上司に報告する必要があります。上司だから知っているだろうという考えは危険です。

ミスをしたとき

仕事でのミスは、些細なことでも報告しておくべきです。早い段階で上司が適切に動いてくれれば問題になることがないからです。

ミスを隠したい心理はわかるのですが、最終的には自分のためになりません。

報連相とは その大切さと重要なポイントのまとめ

仕事は一人でやっているように感じても、一人で完結することはありません。多くの人が関わって1つの仕事が完了するのです。

そのため、お互いに意思疎通ができなとトラブルの原因となるため、結局は意識していなくても「報連相」をしなくては仕事が進んでいきません。

しかし積極的に「報連相」を使用すれば、よりスムーズに仕事をすることができることは確かです。

大切なことなので、重要ポイントを押さえて上手に「報連相」を使っていきましょう。

おすすめ記事

報連相とは みんな間違えて定義していませんか?

ほうれんそうのおひたしはみんなに美味しい

シェアお願いします