安室奈美恵 小室哲哉 関係 とは2人にとってどのようなものだったのか

※要チェック

2018/8/29に発売、ラストドームツアー「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」

DVD&Blue-Rayの予約が始まりました。初回限定盤を狙っている人はすぐに予約しましょう。

希望者にはポスターがプレゼントされます!

小室哲哉さんが安室奈美恵さんよりも先に事実上引退となってしまったなか、安室奈美恵さんは今年の9月の引退に向け最後のドームツアーが終わりました。

安室奈美恵さんと小室哲哉さんの話題が落ち着いてきているなか、

もう一度、安室奈美恵さんと小室哲哉さんがどのような関係性で黄金期と呼ばれる時代を作り出したのか、書いていきます。

※要チェック

2018/8/29に発売、ラストドームツアー「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」

DVD&Blue-Rayの予約が始まりました。初回限定盤を狙っている人はすぐに予約しましょう。

希望者にはポスターがプレゼントされます!

小室哲哉 安室奈美恵から感じたもの

小室哲哉さんが安室奈美恵さんに興味を持ったきっかけは、テレビです。

90代に放送されていた「THE夜もヒッパレ」

「THE夜もヒッパレ」は、CD売上・カラオケ・有線放送・番組へのはがきリクエストを集計し、そのデータをもとに邦楽トップ10にを決定。

ランクインした曲を、本人以外が歌うというという番組です。

赤坂泰彦さんの軽快な曲紹介、誰が歌うかによって曲の雰囲気がまったく違う面白さ、それが好きで毎週見ていました。

当時は、女性の曲はハイトーンのものが多く歌唱力が無い人が歌うと、歌うのが下手だとすぐにわかるという恐ろしい番組です。

そんな関係で、大御所と呼ばれる人たちがたくさん出演している中に、準レギュラーとして安室奈美恵さんがいました。

まだ、ブレイクする前ではありましたが、バラエティに少しずつ出演したりしていりしてバラドル的なポジションという印象です。

当時は、小室哲哉がプロデュースする「trf」が人気の頃なので「THE夜もヒッパレ」でもよく歌われていました。

小室哲哉さんは、「THE夜もヒッパレ」trfの曲を歌っている安室奈美恵さんをみて驚いたそうです。

そして『trfの曲は楽勝で歌って踊れるんだよ』ってプレゼンされていると感じたそうです。

確かに、知らない人が聞いたら安室奈美恵さんの曲でしょ、勘違いします。

しかも、歌もダンスも完成度が高いし、ほぼ完ぺき。

当時、trfの曲は人前で完璧に歌うのは難しい曲の一つだったと記憶しています。

それを、trf以外に完璧に歌って踊れる人がいたら、小室哲哉さんも驚きますよね。

安室奈美恵 小室哲哉との関係の始まり。

1995年に2人は出会うことになります。

当時、安室奈美恵さんはevexの専務取締役であったMAX松浦さんのプロデュースの「TRY ME」がスマッシュヒット。

安室奈美恵with SUPER MONKEY’Sから、ソロになるときにMAX松浦さんの仕事のパートナーだった小室哲哉さんに、プロデュースの話がきます。

そのころ安室奈美恵さんは、小室哲哉さんに

とにかく大きなところでコンサートがやりたい

ジャネットジャクソンみたいなブラックミュージックがやりたい

と話をしていたそうです。

そして、そんなんア室奈美恵さんをみた小室哲哉さんは、『18歳のtrfバージョン』という考えでプロデュースを始めます。

安室奈美恵さんは当時まだ10代。

その時からしっかりとしたビジョンを持っていたんですね。

そして、この2人の出会いによってミリオンセラーを連発。

安室奈美恵さんと小室哲哉さんの黄金期になります。

安室奈美恵 小室哲哉 お互いを高めあう関係

安室奈美恵さんは、東芝EMI時代にはポップス調やユーロビートの楽曲を歌っていました。

一方小室哲哉さんは、どちらかというとTMN時代からの流れでダンスミュージックが基本。

しかし、安室奈美恵さんがソロになって、小室哲哉さんのプロデュースが始まると、ブラックミュージック色の強い曲が増えていきます。

そんなこともあり、小室ファミリーの中では、安室奈美恵さんはちょっと違った存在感でした。

安室奈美恵さんの圧倒的な地位に押し上げたのは、小室哲哉さんと力があったことは確かです。

しかし、ブラックミュージックをやりたいと言った安室奈美恵さんのおかげで、小室哲哉さんの新たな才能が開花したのは、間違いがないでしょう。

わたしが、当時ものすごく感じたのは、安室奈美恵さんをプロデュースしてからの小室哲哉さんの天才ぶりです。

それまでに、trfや篠原涼子さんなど小室ファミリーと言われる人たちは確かにヒットしていました。

しかし、小室哲哉さん自身はそれほど表に出てきたわけではないですし、天才プロデューサーと言われていたわけではありません。

それが、安室奈美恵さんをプロデュースするようになってから状況が変わります。

安室奈美恵さんも駆け上がっていきましたが、小室哲哉さんもプロデューサーとして圧倒的な実力をつけました。

小室哲哉さんは、当時の安室奈美恵さんについて

才能を引き出してもらったのは僕の方だと思っています。彼女自身に、インスパイアをもらった部分がとても大きいんです。

と謙虚に認めています。

当時、安室奈美恵さんはとにかく口数が少なかったそうですが、雰囲気や存在感が、小室哲哉さんの想像力を書きたて新しい楽曲が生まれていったのだと思います。

天才2人が、お互いにいい刺激を与えながら、黄金期を作っていったのです。

安室奈美恵 小室哲哉の関係 まとめ

どうしてもプロデューサーが歌手を育てるという感じに思えますが、天才プロデューサーであっても自分の殻を壊すには、他人からの影響が必要となります。

最初は小室哲哉さんがプロデューサーとして安室奈美恵さんを引っ張っていった部分はあるでしょう。

しかし、ある時点からはお互いの才能を認め合って、2人そろって成長して言ったので、その時代を席巻する人気を得たのだと思います。

多分、小室哲哉さんに謙虚さが無かったら、ここまで曲はヒットしなかったし、安室奈美恵、小室哲哉という名前が伝説にならなかったでしょう。

シェアお願いします