仙台七夕まつり2018 日程や見どころ、祭りの楽しみ方について

仙台七夕まつりは、伊達政宗の時代から伝統行事として400年近く受け継がれていて、全国で行われている七夕祭りの元祖と言えるかもしれません。

今は七夕というと7月7日ですが、仙台七夕まつりは旧暦の季節感にあわせるために、毎年8月6日~8日に開催されています。

毎年200万人を超える人が訪れるる、まつりの期間中は、仙台市の中心と周辺の商店街は、色鮮やかな七夕飾りで彩られ、その中を歩くとそのすごさに圧倒されます。

そんな仙台七夕まつりの2018年の日程や楽しみ方などの情報をお届けします。

また、駐車場や混雑情報も併せて乗せていきます。

仙台七夕まつりの花火の記事はこちらに記事に詳しく書いてあります。

仙台七夕まつり2018 花火大会の穴場や交通情報について

※現在は2018年の情報が公開されていませんので、2017年をもとに掲載、新しい情報が出たら随時更新していきます。

仙台七夕まつり2018の日程

開催日時:8月6日(月)~8日(水)

毎年、休日など関係なく同じ日にちで行われる仙台七夕まつり。今年は、月曜から水曜日と全て平日となってしまいます。

次の週から夏休みというところも多いと思うので、会社勤めをしている人は出かけにくいかもしれませんね。

しかし、一度は見てみる価値はありますので、ぜひお出かけください。

仙台七夕まつり2018の開催場所と時間

2018年の仙台七夕まつりに関する正式に発表まだなので2017年の内容ですが、商店街などの飾りつけは変わらないと思われます。

☆【開催場所】


仙台市中心部および周辺商店街となります。2018年も上の画像と同じ場所になると思われます。

☆【飾り付け時間】

[市中心部および商店街]

  • 8月6日(月)・8月7日(火)/10:00頃~22:00頃(予定)
  • 8月8日(水)/10:00頃~21:00頃(予定)

☆【イベント】

[おまつり広場] ※勾当台公園市民広場

  • 8月6日(月)~8月8日(水)/10:00~21:00(予定)

[瑞鳳殿七夕ナイト]

  • 8月6日(月)~8月8日(水)/18:00~21:00(予定)

[仙台城跡夕涼みイベント]

  • 8月6日(月)~8月8日(水)/17:00~20:00(予定)

仙台七夕まつり2018の見どころと楽しみ方

仙台七夕まつりは、笹飾りがテレビなどで放送されるので、一番メインになるのですが、それ以外にも沢山見どころがあります。

笹飾り

何と言っても、豪華絢爛な笹飾り。この笹飾りがずっと続きます。実際に私も見ましたが、遠方の方でも一度は見る価値があります。

場所は仙台駅前から中央通り、一番町通りのアーケード街にかけてと広い範囲で見ることができます。また周辺部商店街でも昔ながらの素朴な笹飾りを見ることできます。

動画を紹介しますが、実際見ると迫力があります。

この笹飾りですが審査があり、金賞・銀賞・銅賞が授与されるため、どの笹飾りも素晴らしいできです。どの笹飾りが、金賞を取るのか予想しながら見るのもいいかもしれません。

賞の発表は、8月6日の午後です。

仙台七夕の七つ飾り

仙台七夕には、7つの伝統的な飾りつけがあります。『七つ飾り』と呼ばれるこの飾りは、必ず飾りのどこかに使われています。

テレビとかで見ると、吹き流しが一番目立つのですが、実際に歩いてい見ると『七つ飾り』がいたるところで見られるので、こちらも探してみましょう。

短冊 『学問や書道の上達』
早朝、硯にカラトリの葉にたまった夜露を硯すずりに集めて墨をすり、 詩歌を書いて、学問や書の上達を願いました。
紙衣 『病気や災難の厄除け、裁縫の上達』
病や災いの身代わりに捧げたという衣。昔は、母や師匠に教えられ、裁縫の腕が上がるよう願いながら縫われました。
折鶴 『家内安全と健康長寿』
家の長老の年の数だけ折り、延命長寿を願いました。折り方を習う娘たちは、折り紙を通じ、教わる心、人に教える心を学びました。
巾着 『商売繁盛』
富貴を願いながら、節約、貯蓄の心を養いました。しっかりとひもで結ばれ、無駄遣いを戒めています。
投網 『豊漁・豊作』
幸運を寄せ集めるという意味も。仙台近海の豊漁を祈願しました。
屑篭 『清潔と倹約』
七つの飾り物をつくり終えた裁ちくず、紙くずを拾い集めて屑かごの中にいれました。ものを粗末にしないで、清潔と倹約の心を育てました。
吹き流し   『織姫の織糸』
織姫の織り糸を象徴し、昔の織糸をたらした形を表しています。機織りや技芸の上達の願いを込めました。

おまつり広場

勾当台公園市民広場で行われているイベント。

七夕期間中はステージで和太鼓や音楽隊のステージパフォーマンスや、七夕の歴史を学べる展示など見どころが沢山あります。

また、仙台グルメを満喫できる屋台も楽しみたいところです。

子供向けの七つ飾り作り体験や、短冊記入コーナー。18時からは盆踊りがあり一日楽しむことができるようになっています。

「ORIHIME短冊」という織姫と彦星の伝説にあやかり、恋愛成就を願う短冊を書くコーナーもありますので、恋人が欲しいという人は一度行ってみてはどうでしょう。

瑞鳳殿七夕ナイト

少し仙台市の中心部から離れた場所に行っていましょう。

伊達政宗が眠る霊屋「瑞鳳殿」では8月6日~8日の日程で「瑞鳳殿七夕ナイト」が行われています。

「瑞鳳殿」は仙台市中心部からバスで約15分で行くことができ、仙台市の中心部とは違い、静かな時間を過ごすことができます。

豪華絢爛で繊細な装飾を施された桃山文化の霊屋のライトアップと、参道や境内に並ぶ約1,200本の竹灯籠によって幻想的な雰囲気を楽しむことが可能です。

仙台城跡夕涼みイベント

伊達家代々の居城跡の「仙台城跡」。市街を一望できる「仙台城跡」では夜のイベントが行われます。

仙台の夜景を見ながら、伊達武将隊による迫力のある演武やないとイベントが盛り沢山です。

仙台七夕まつりの花火の記事はこちらに記事に詳しく書いてあります。

仙台七夕まつり2018 花火大会の穴場や交通情報について

仙台七夕まつり2018のアクセスと駐車場、混雑状況は

基本的には、公共交通機関を使用したほうがよいでしょう。仙台駅からすぐの場所で行われるので遠方の方は、新幹線や電車などを使った方が確実だと思われます。

特に、前夜祭の8月5日は日曜日となるので、かなりの混雑が予想されますし、交通規制範囲が広いので、車での移動は極力避けましょう。

2017年の交通規制マップ

車で行きたいという方は、仙台駅近辺の駐車場を使用することになると思いますが、駐車場の数が限られますので、早めに行くのがおすすめです。

仙台駅周辺は人多いので、安全運転に心がけましょう。

2017年の駐車場マップ

仙台七夕まつりの花火の記事はこちらに記事に詳しく書いてあります。

仙台七夕まつり2018 花火大会の穴場や交通情報について

仙台七夕まつり2018のホテル予約はお早めに

仙台七夕まつり2018に行くことが決まっていて、まだ宿泊先が決まっていない人はインターネットでの予約がおすすめです。

私も、良くインターネットでホテルを予約しますが、クレジットカードを用意しておけば、2~3分ほどで終わります。

また、前日までキャンセル料がかからない予約サイトもあるため、急に用事が入ってしまっていけなくなっても安心です。

いくつか予約サイトを紹介しましょう。

・じゃらん

リクルートが運営していて、誰でも安心して使うことができる予約サイトです。

・マイナビトラベル

こちらも大手のマイナビが運営している予約サイトです。

上記2つの予約サイトは、誰でも安心して使用することができますが、もっと安いところを探しているという方はこちらの予約サイトがおすすめです。

・エクスペディア

私がいつも使用している予約サイトです。

予約サイトに少し分かりにくいところがあり誰にでもおすすめというわけではありませんが、安いホテルを探すのに最適です。

かなりの頻度でキャンペーンがあるので、タイミングが合えば30%OFFとかでホテルを予約することができる場合があります。

また、前日キャンセルでも手数料が発生しない場合が多く、直前になって旅行をやめたい場合でも安心です。

仙台七夕まつり2018のまとめ

商店街の笹飾りは本当に迫力があり、圧倒され、一度は実際に見てもらいたいと思います。

仙台七夕まつりは仙台駅のすぐ近くでの開催で、遠方の方でも行きやすいし、イベントも盛り沢山で一日では回り切れないのではないかと思います。

宿泊して仙台の観光も含めて、楽しみたいところです。

日本三大七夕まつり:おすすめ記事

『仙台七夕まつり』

『湘南ひらつか七夕まつり』

『おりもの感謝祭 一宮七夕祭り』

シェアお願いします