ビタミンM(葉酸)とは、血管を元気に ガッテン2018年1月17日(NHK)

健康手に過ごそうと思って、サプリメントを考えたときまず思い浮かぶのが「ビタミン」。

ビタミンA、B、Cなど沢山あるけれども、今注目されているビタミンは今まで私たちの知っているビタミンではありません。その名も「ビタミンM」

認知症だけでなく動脈硬化などを防いでくれるというビタミンM。「ビタミンM」とはなにものなのか?どのような健康的な効果があるのか?効率の良い摂取方法は?などについて書いていきます。


ビタミンMとは ガッテン

ビタミンMとは葉酸の別名です。

葉酸とはビタミンB郡の一種で、1941年にほうれん草から発見されています。ほうれん草の葉から発見されたことにより葉酸と名付けられました。ほうれん草のような野菜だけでなくレバーやブロッコリーにも葉酸は多く含まれています。

では何故ビタミンMというかというと、貧血になるサルとならないサルを調べていたら分かったビタミンだからだそうです。その後、ほうれん草から見つかったので、葉酸と名前が変更されたそうです。

ビタミンM(葉酸)の役割 ガッテン

光合成によって作られる。

葉酸はとても大切な栄養素で、特にたんぱく質を合成する働きがあり、細胞分裂やDNAの合成などに必要とされています。特に妊婦さんに必要とされ、母子手帳にも記載されるほどです。また、細胞分裂美肌にいいと葉酸を摂取する女性が増えています。

さらに、葉酸はビタミンB12とともに、赤血球の生成を助ける働きもあります。そのため貧血気味の人には欠かせない栄養素となりますし、血色がよくなるため、くすみのない肌となります。

葉酸には粘膜を保護する働きもあり、不足すると口内炎などができやすくなるので注意が必要です。

葉酸はそのほかにも、ビタミン6やビタミン12と共に動脈硬化を起こす原因でもある「ホモシステイン」を減らす働きがあります。

アミノ酸の一種である「ホモシステイン」は体のいたるところで活性酸素を出します。脳で活性酸素が増えると脳萎縮が起こり、血管内では動脈硬化に、骨では骨粗しょう症を起こします。

「ホモシステイン」の血中濃度が高い人は、心臓病や動脈硬化などの血管疾患になる確率が高いことが最近の研究結果で分かってきているため、「ホモシステイン」を減らすことができる葉酸が注目されているわけです。



ビタミンM(葉酸)の必要摂取量は?

葉酸の一日の推奨摂取量は240μgとされています。生のブロッコリーならおよそ2分の1個、生のほうれん草ならおよそ2分の1束くらいですね。

しかし埼玉県の坂戸市では400μgを奨励して市を挙げて葉酸を摂取する取り組みをしているそうです。中には1080μgを取っている人も。

何故坂戸市では、400μgなのかというと世界がその基準だからそうです。日本は貧血を起こさない量ということで240μg決められていて、それ以外の効果に関しては考えていないそうです。日本はいつもこういうことに関しては遅れていますね。

どんな栄養素も取りすぎは良くないと聞きますが、葉酸は食べ物から取る場合には問題ないそうです。問題になるほど食事ではとることができないということでしょう。

日本人の平均葉酸摂取量は、277μgと推奨量を満たしていますがより一層食事から効率的にトリにはポイントがあります。

  • 水溶性ビタミンの葉酸は、野菜によっては「ゆでることで半減する」というデータもあります。 蒸したり炒めたりすることで、ほとんど葉酸を損失せずに摂取することができます
  • 葉物野菜以外にも、豆苗や納豆、のりやお茶にも、葉酸が比較的豊富に含まれているので取り入れてみましょう。
  • 葉酸は光によって分解されていくため、お茶はペットボトルではなく、入れたてのものがおすすめです。

ビタミンM(葉酸) 普段野菜不足の人はサプリメントで補うのが効果的

ビタミンM(葉酸)は水溶性のビタミン。そのため体内では蓄積されにくく、毎日摂取していくことが必要な栄養素となります。

しかり食品に含まれるビタミンM(葉酸)は、熱に弱かったり、長期保存や調理によって失われいきます。また外食が多く食事から必要量を摂取することが難しい人も多いと思います。

そこで葉酸はサプリメントから取るのが効果的です。最近は、美容効果の高さから芸能人の方も愛用している人が多いそうです。

ただし、一日の摂取量はしっかり守るように気をつけてください。

平愛梨さんも愛用しているサプリです。
クリックして確認
↓ ↓ ↓


東原亜希さんや、トリンドル玲奈さんをはじめ多くの芸能人が愛用している、葉酸を含んだ美味しい青汁。
クリックして確認
↓ ↓ ↓


ビタミンM(葉酸)まとめ

心臓病や動脈硬化などの血管疾患を防いでくれるだけでなく、健康にも美容にもいいと注目が集まっています。

サプリメントなどを上手に使って、健康に役立てていきましょう。

シェアお願いします