幻のやまのいも『銀しぶき(銀沫)』究極の粘りを楽しむ|青空レストラン2017年11月11日(日テレ)

幻のやまのいも『銀しぶき(銀沫)』究極の粘りを楽しむ|青空レストラン

岡山県真庭市からの今週の青空レストラン。

食材は、やまのいも『銀しぶき(銀沫)』です。

究極の粘りを誇り、1本1000年の値段が付く究極の「やまのいも」いうことです。

ちなみに「やまのいも」って何?と思ったのですが「やまいも」のことで、植物としての正式名称が「やまのいも」となるとか。

さて『銀しぶき』とはどのような「やまのいも」なのか、またどのように料理されるのか今回も楽しみです。

・幻のやまのいも『銀しぶき』とは|青空レストラン

1


やまのいも『銀しぶき(銀沫)』はつくね芋という一番粘りが強い系統ののやまのいもです。

全国的にも珍しい品種で、生産者が試行錯誤会いながら栽培方法を確立して育てあげた、幻のやまのいもとなります。

つくね芋の系統ですが、形が違うのは特殊な栽培方法にあります。

岡山県真庭市は土壌が石の多い硬い粘土質。

そのため、そのまま栽培するとごつごつの形の悪いやまのいもが出来上がってしまいます。

そこで、最初にサラサラの海砂をやまのいもが育つ範囲でいれてから種芋を植えます。

そうすることによって写真のような形のやまのいもが出来上がるそうで、1本1000円の値段の究極のやまのいもになったそうです。

やまのいも『銀しぶき(銀沫)』の特徴は何と言っても究極と言われる強い粘り。

自然薯にも勝るとも劣らないその粘りと独特の風味が特徴です。

『銀しぶき(銀沫)』はアクが少ないため、すりおろしても変色しにくく真っ白です。

まるで、つきたての餅のような食感。

そして一口に食べれば、濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。

天然の自然薯を以前食べる機会があったのですが、物凄くおいしかったのを覚えています。

その自然薯に勝るとも劣らないということは、と思うとぜひ食べたいところです。

ちなみに『銀しぶき(銀沫)』の由来は

「真庭市の勝山地区の名瀑、「神庭(かんば)の滝」の銀白に輝く滝のしぶきが畑にふりそそぎ銀沫になった」

というイメージから命名されたそうです。

例年、11月上旬から販売が開始される『銀しぶき(銀沫)』

地元のイベントやお土産屋、道の駅「醍醐の里」、JAまにわ直売所「きらめきの里」、勝山農産物直売所「健康の里」などで販売されます。

また、勝山町内の飲食店でも食べる事ができるそうですよ。

・紹介された料理のレシピ一覧|青空レストラン

今回のレシピはどれも本当に食べたい・・・

とろろ

真っ白いお持ちのようなものすごい粘りです。つきたてのお持ちのようです。

名人のおすすめはわさび醤油、どう見てもお持ちを食べているようです。

さらにワサビと醤油の他にご飯のお供ならぬとろろのお供が登場です。塩辛、明太子、柚子こしょう、納豆の登場に3人とも大感激してました。

ふわふわ焼き


コカドさんが今まで食べたもので一番ふわふわといっていました、「超高級ふわふわたこ焼き」だそうです(笑)

《材料》(4人分)
・山芋                 200g
・卵                    2個
・コンソメスープ  200cc
・マヨネーズ        大さじ2
・塩 小さじ          1/4
・こしょう           少々
・パセリ              少々

《作り方》
1.山芋はすりおろし、卵、コンソメスープ、マヨネーズ、塩、こしょうを入れて良く混ぜ合わせる
2.耐熱皿の八分目位まで流し入れ、オーブントースターで20分程焼く
3.焼きあがったら刻んだパセリをちらして完成

とろろチゲ


すりおろした『銀しぶき(銀沫)』を入れていますが、全くとろろが溶けません、普通のやまのいもと違うのがはっきりわかります。

食べるとしっかりとした食感で肉団子みたいな弾力があるそうです。
《材料》(4人分)
・山芋                  100g(だんご用)
・鶏ガラスープ      100cc
・山芋                  100g
・豚バラ薄切り肉   200g
・長ネギ               2本
・しめじ               1パック
・ニラ                  1/2束
・キムチ               150g

《スープ》
・にんにく            1片
・しょうが            1片
・鶏ガラスープ      1000cc
・韓国唐辛子         小さじ1
・コチュジャン      小さじ1
・醤油                  大さじ1と1/2
・ゴマ油               大さじ1

《作り方》
1.山芋100gはすりおろし、鶏ガラスープで割ってとろろに、残り100gはすりおろしておく
2.豚バラ肉は食べ易い大きさに切る。長ネギは斜め切り、しめじは石づきを取って小房にしておく。ニラは5cm長さに切り、しょうが、にんにくはみじん切りにする。
3.鍋にゴマ油とにんにく、しょうがを入れて火にかけ、香りが出たら豚バラ肉を炒める。色が変わったら鶏ガラスープ、韓国唐辛子、コチュジャン、醤油、キムチで味付ける。
4.沸いてきたら長ネギとしめじを入れる。火を弱め、すりおろした山芋を一口大のだんご状にして1~2分煮る。
5.ニラを入れて、スープで割ったとろろいもをそっと流し入れ、ひと煮立ちしたら完成。

ローストビーフ丼


千屋源 本多の塩釜焼ローストビーフと『銀しぶき(銀沫)』の究極のローストビーフ丼です。

岡山県産黒毛和牛の赤身肉を焼き上げ、塩でくるんでじっくりオーブンで焼いた塩釜焼ローストビーフ丼に『銀しぶき(銀沫)』を乗せて完成

3人が絶賛の究極のコラボです、純粋に食べたい

《材料》(4人分)
・ローストビーフ  400g
・山芋                 200g
・卵                   1個
・かつおだし       100ccくらい
・薄口醤油          小さじ2
・万能ネギ          3~4本
・わさび             適量
・ごはん            4杯分

《作り方》
1.山芋はすりおろし、卵と薄口醤油を混ぜ合わせ、かつおだしを少しずつ入れて好みの固さにのばす。
2.丼ぶりにごはんを入れ、その上にローストビーフを乗せ、1のとろろをかける。小口に切ったネギを散らし、わさびを添えて完成。

・幻のやまのいも『銀しぶき』お取り寄せ、販売先|青空レストラン

今年は11月10日から販売された、やまのいも『銀しぶき』、数量が少ないため、楽天では早くも売り切れです。

何か所か購入先があるので、載せておきます。

JAまにわのショップでは現在まだ取り扱いがあります取り扱い終了しました。

・楽天は残念ながら売り切れです。
来年の購入を考えている方は、お気に入りに追加をしておきましょう。

岡山勝山特産 やまのいも銀沫(ぎんしぶき)を楽しむ

それからぜひ食べたい塩釜焼ローストビーフ

・千屋源本多さんのローストビーフ

やまのいも、ローストビーフともに青空レストランの公式お取り寄せページでも購入が可能です。

シェアお願いします