レムナントコレステロール 計算して動脈硬化を予防|ガッテン2017年11月15日(NHK)

レムナントとは、そしてNon-HDLコレステロール値を下げるには?|ガッテン

コレステロールはテレビでもよく取り上げられるし、健康診断などでも注意される値です。

何故かというとコレステロール値によって動脈硬化が起こり、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気を発症する可能性が高いからです。

でも、もともとコレステロールが悪いわけではありません。

善玉・悪玉と区分けされるコレステロールですがどちらも体に必要なものです。

では、コレステロールというものは何なんでしょうか?

今回のガッテンでは、検査結果ではわからないコレステロールに関するある値が紹介されます。

また、それとは別の指標もあるようなのでそちらも紹介していきます。

健康診断の結果が問題なかったからと、安心はできません。

もう一度、コレステロールについて勉強して、正しく怖がるようにしましょう。

・そもそもコレステロールってなに?|ガッテン

コレステロールとは体内にある脂肪分のひとつです。

コレステロールには実は3つの大切な役割があり私たちの体には欠かせないものです。

1.細胞膜の材料になる。

私たちの体は約60兆個もの細胞によって作られています。
コレステロールはその細胞の膜を構成する大事な成分になります。

2.ホルモン(副腎皮質ホルモン、性ホルモン)の材料になる。

副腎皮質ホルモンは、ストレスを受けたとき、水分の調整が必要なときに分泌されるホルモンです。

3.胆汁酸(消化液)の材料になる。

胆汁酸は脂肪の消化吸収を助ける働きをします。

上記以外にもビタミン類などを代謝する役割などもあります。

テレビでも雑誌でも、ものすごく有害な物質であるかのような扱いを受けていますが、実は体になくてはならないものなのです。

・コレステロールはなぜ善玉と悪玉があるのか?|ガッテン

コレステロールの話の時に必ず出てくる善玉コレステロールと悪玉コレステロール。

でも、そもそもコレステロールに、善も悪もありません。

本当に悪なら、体内には存在しないはずです。

それぞれには体内で大切な役割があり、それぞれの役割のバランスが崩れると悪さをしているように見えるため悪玉コレステロールと言われるわけです。

一般的には、LDLコレステロールを「悪玉」、HDLコレステロールを「善玉」と呼びます。

何故そう呼ばれるのかは、それぞれの役割によるとことが大きいのです。

《LDL(悪玉)コレステロールの役割》
LDLコレステロールはコレステロールの運搬役です。

肝臓で作られたコレステロールを全身に届ける役目をします。

LDL(悪玉)コレステロールがないと体はコレステロールを受け取ることができなくなり細胞膜やホルモンなのが生成されなくなってしまいます。

《HDL(善玉)コレステロールの役割》
HDL(善玉)コレステロールはコレステロールの回収役です。

血液中に残ったコレステロールを回収して、肝臓に運ぶ役目をします。

回収されたコレステロールはホルモン、胆汁酸の材料になったり、不要な分は排泄されたりして体内のコレステロール量を調整しています。

【LDL(悪玉)コレステロール>HDL(善玉)コレステロール】
の状態になると血液中のコレステロールが増えてしまいます。

そして、使われなかった分は血液中に残ります。

その残ったコレステロールは血管幕内のマクロファージが食べてくれるのですが、困ったことがおきます。

それはマクロファージはコレステロールを食べすぎると死んでしまうのです。

そしてマクロファージが死ぬと、血管の壁にコレステロールに残り動脈硬化につながってしまうのです。

結果、体内バランスの問題なのですが、LDLコレステロールが増えると動脈硬化等の問題が起こり易くなるため悪玉コレステロールと言われているようです。

・高コレステロールだけでなく低コレステロールも問題|ガッテン

血液中の脂肪の量が多い状態なると、脂質異常症と言われます。

そして、その状態でコレステロールの値が高いと高コレステロール血症となります。

このコレステロール値は健康診断の血液検査で知ることができます。

一般的には総コレステロール、HDL(善玉)コレステロール、LDL(悪玉)コレステロールの値ですね。

その中で動脈硬化性疾患の診断や治療を行うのに指標となりやすいのがLDL(悪玉)コレステロールです。

実はこのコレステロール値には色々な基準値があり、私は一時期どれが正しいの?と首を傾げたことがあります。

ちなみに日本動脈硬化学会においては、140mg/dl以内を基準値としているようです。

血液中のLD(悪玉)Lコレステロールが増加すると、血流が悪くなり動脈硬化が進行します。

動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳梗塞などリスクが高くなります。

ただし、コレステロールが低い過ぎるのも問題です。

最初書きましたが、コレステロールは体に必要不可欠です。

コレステロールが高いのが問題なら低くすればいいというわけではありません。

コレステロールが低いと血管が細く弱くなり、脳出血を引き起こす可能性やホルモンが生成されなくなり体調不良などになることが考えられます。

・何故、総コレステロール≠HDL(善玉)コレステロール+LDL(悪玉)コレステロール|ガッテン

ところで、血液検査の結果を見て、HDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールを足したものが総コレステロールにならないことに気が付いていましたか?

私は今までLDL(悪玉)コレステロールだけ気にしていたので全然そこは気にしていませんでした。

一緒にならないということは、そこに第3のコレステロールががあるということです。

そしてその検査結果で置き去りにされているコレステロール、これを『レムナント』といいます。

『レムナント』とはどういう意味かというと【残り物】、その名の通り今まで触れられることなく残されてきたコレステロールになります。

『レムナント』は25年前に発見されていたそうですが、測定に時間とコストがかかるため、なかなか普通に検査ができなかったようです。

しかし、ウサギの実験結果で血管にたまっているコレステロールのLDL(悪玉)コレステロールは30%しかなく、残りの70%が『レムナント』ということが分かっています。

また、マクロファージにLDL(悪玉)コレステロールと『レムナント』を同時に与えると、マクロファージが『レムナント』を4倍多く取り込むことが分かりました。

そのため、動脈硬化の正確に予測をするための『レムナント』を考慮した指標として『Non-HDLコレステロール』という値ができました。

最近大きな病院では、検査結果欄に『Non-HDLコレステロール』がある場合があります。

『Non-HDLコレステロール』は以下の式で簡単に求めることができるので問題ありません。

Non-HDLコレステロール=総コレステロール ー LDL(悪玉)コレステロール

総コレステロールが検査結果にない場合は、LDL(悪玉)コレステロール+30くらいで考えればおおよその目安になるということです。

この値の指標ですが、150mg/dl以上はちょっと危険、170mg/dl以上は危険だそうです。

検査結果が正常な人でも一度計算してみてはどうでしょうか。

・それ以外のコレステロール指標|ガッテン

最近の研究で、LDL(悪玉)コレステロールが基準未満の人でも心筋梗塞を起こす、またはHDL(善玉)コレステロールが高くても、まれに動脈硬化を起こすことが分かってきたそうです。

そこで今まで血液検査の結果だけでは完全に動脈硬化の予防にならないと、新たな診断基準が必要になってきました。

そこで、今注目されているのか『LH比』と呼ばれるものです。

『LH比』はLDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールの比率のことで下のようになります。

「LDL(悪玉)コレステロール÷HDL(善玉)コレステロール」

『LH比』の目安となる数値は「2」となります。

この数値よりも高い場合は動脈硬化のリスクが上がり、2.5を超えると心筋梗塞などのリスクも急増すると言われています。

たとえLDL(悪玉)コレステロールが少なくても、回収役のHDL(善玉)コレステロールも極端に少なければ意味が無いということです。

・『Non-HDLコレステロール』と『LH比』を改善する食べ物とは|ガッテン

『Non-HDLコレステロール』を減らすのと『LH比』を改善するには、LDL(悪玉)コレステロールを減らす食事が基本となります。

まずは、改善する食事の前にまず、たくさん摂らない方がいい食べ物を紹介します。

それは飽和脂肪酸を多く含む食品。

これらをたくさん摂ると、LDL(悪玉)コレステロールの値が上がりやすいです。

・脂の多い肉
・チョコレート
・卵黄
・インスタント麺
・ポテトチップ
・バターやチーズなどの乳脂肪分
・以上の食品を使った加工品

ガッテンでは、LDL(悪玉)コレステロールを減らす、食べ物として青魚を紹介していました。

特に青魚に多いEPAという「不飽和脂肪酸」は血液をサラサラにするだけでなく、レムナントコレステロールの増加を抑える働きがあるそうです。

実際、ガッテンで何人かに青魚を食べる生活をしてもらったところ、LDL(悪玉)コレステロールはもちろんのこと、レムナントコレステロールも減ったという結果が出ています。

ただ、青魚ってそんなに毎日食べれるものでもないですし、人によってはにおいが気になるという方もいると思います。

私も、青魚が苦手なのでにおいが気になるタイプですし、そもそも魚をそんなに沢山食べません。

そういう方は、サプリメントを利用してみてはいかがでしょうか?

どうしても食生活がかたよったり青魚が苦手、しかしコレステロールや中性脂肪は気になるという方にお勧めです。


青魚に多いEPAという「不飽和脂肪酸」の他にも、LDL(悪玉)コレステロールや、レムナントコレステロールも減らすと言われているものが沢山あります。

青魚が苦手な方はこちらも試してみてはいかがでしょうか?。

海藻類(もずく・昆布・ひじき・わかめ・アカモク)

海藻類はアルギン酸を含み、腸の中でコレステロールが吸収されるのを抑える働きがあります。

また食物繊維も豊富なので他にもいろいろな効果が期待できます。

以前「たけしの家庭の医学」で、アカモクという海藻がとりあげられていましたが、アルギン酸はもちろん内臓脂肪を減らす、抗酸化作用など今注目されています。

アカモクを試してみる

野菜(ブロッコリー・キャベツ)

ブロッコリーやキャベツには天然のアミノ酸(SMCS)が含まれています。

コレステロールは、肝臓で酵素の働きによって胆汁酸に変化して、体外へ排出されています。

SMCSはこの酵素の働きをより活性化し、肝臓での胆汁酸の合成を促進してくれます。

それによりLDL(悪玉)コレステロールの排出を助けてくれます。

そんなSMCSを簡単に取ることができる、特定保健用食品の飲み物もありますので試してみてはいかがでしょうか?

大豆製品(豆腐・納豆)

大豆に含まれるサポニンには、悪玉コレステロールを分解する働きがあると言われています。

またそのほかにもインスリンと同じ働きをして、体内の血糖値を下げてくれたり、抗アレルギー作用があるそうです。

高麗人参に多く含まれ、サプリも販売されています。

HDL(善玉)コレステロールを増やす運動|ガッテン

『LH比』を改善するには、LDL(悪玉)コレステロールを減らして、HDL(善玉)コレステロールを増やせばよいということになります。

今、HDL(善玉)コレステロールを増やすのにいいと言われているはインターバル速歩です。

インターバル速歩とは、ややきつい早歩きで3分間続けたら、普通の速さで3分間歩きというように、「速い」「普通」を交互に繰り返すウォーキングのこと。

高齢者の筋力を鍛えるのによいと時々テレビで紹介されています。

早歩きをすると、有酸素運動になり肝臓での脂肪の代謝が上がると共に、善玉コレステロールの生成も活発になり、その量が増えるメリットもあるそうです。

運動をするのはなかなか大変なのですが、やっただけの効果はあります。

インターバル速歩ではなく、普通のウォーキングでも効果があるのでやってみることをお勧めします。

運動習慣がない人は、お風呂上りにスクワットをやるということからでも始めて、運動習慣をつけていきましょう。

シェアお願いします