黄ばみ、家庭での落とし方はこれでOK|ガッテン2017年11月1日(NHK)

黄ばみ、家庭での落とし方はこれでOK|ガッテン

たっぷり汗をかいた夏が終わりました。

そして汗をかく季節が終わると気になってくるのがシャツなど服の黄ばみです。

毎回しっかりと選択しているにも関わらず、黄色くなっていってしまう白いワイシャツやTシャツ。

白いシャツが黄色くなると見た目にもよくないですし、男性女性ともにイメージダウンとなってしまします。

ただ、この黄ばみが意外と落ちない。

毎回クリーニングに出すのもお金がかかるし、じゃあ黄色くなってしまったシャツを買い替えるかというと少し勿体ない。

今回のガッテンでは、家で簡単に黄ばみを落とす方法を紹介しています。

・黄ばみ、黒ずみの原因は自分の皮脂|ガッテン

黄ばみや黒ずみの原因は自分から出る皮脂による汚れです。

洗っていても服が黄ばんでくるのは、普段の洗濯では落としきれない皮脂汚れが残っているからです。

黄ばみになりやすい襟や袖などは服を着ている時、肌と生地が擦れ合うことで汚れが繊維に入り込みます。

そして、皮脂は油汚となり水となじみにくいため、どうしても普段の洗濯ではきれいに取れないのです。

服に残った皮脂は空気に触れていると徐々に酸化してきます、そしてその酸化した皮脂が黄ばみになっていきます。

黒ずみの方は、皮脂汚れがだんだん溜まっていくことによってできる汚れです。

そのため見た目は違いますが、原因は全く同じになります。

・一生懸命洗っても落ちない皮脂

今回、ガッテンボーイ宮森君が、着ぐるみ着て汗がびっしょりとついたシャツを回収しスタッフが一度洗濯。

それを横浜大学の大矢勝先生に調べてもらいました。

分析の結果出てきたものは・・・人間の油、皮脂

なぜ、選択したのシャツから皮脂が出てきたのでしょう。

今回、洗濯によって皮脂がどれだけ落ちてるのかを実験しています。

赤色の人工皮脂をつけた布を何回も何回も洗っていきます。

10回洗っても全然落ちていません、何回洗ったら白くなるのか?、とスタッフが頑張って200回まで洗ったそうです。

しかし、結果はまだ完全には落ちませんでした。

ということは普段私たちは皮脂が落ちていない服を再び着ているのですね。

・黄ばみに対してドライクリーニングの威力は

黄ばみの落とし方といえば、プロの力をということでドライクリーニングに出しています。

ドライクリーニングというのはきれいな油を使って洋服を洗濯する方法です。

要するにきれいな油を使って、油である皮脂を落とすということ。

しかし、受け取ったときはきれいだったシャツが、スタジオに来た時には黄ばみが・・・。

それに対してクリーニング屋さんが一言「すすと油は取ることはできるが黄ばみは完全に除去できません。」

有機溶剤という油の一種で洗うドライクリーニングは、皮脂を落とすことが得意ですが、水溶性のタンパク質の汚れを落とすことは苦手なため、残ったタンパク質が酸化することによって黄ばみが再発していたのです。

その問題に対して大矢勝先生は、クリーニングに出したものを持って帰ったらすぐに家で選択することによって、たんぱく質も除去し黄ばみ対策を完成させていました。

この方法だと、3ヶ月経っても新品同様の白さ、油とたんぱく質をしっかりとれば黄ばまない。

でも、家で洗濯したら、せっかくクリーニングに出したのにシャツはくしゃくしゃになります。

それはちょっとと思う方は「ウェットクリーニング」という汗抜きのコースが用意されているので、ドライクリーニングと同時に頼んでみてはいかかでしょうか。

・家でできる簡単にできる黄ばみの落とし方|ガッテン

ガッテンでは、クリーニングに頼まなくても家庭で簡単にできる黄ばみの落とし方を紹介してくれました。

3ヶ月に1度程度行えばよいとのことなので、季節の変わり目ごとにやってみてはいかがでしょうか。

《用意する物》

・台所用洗剤(濃縮タイプ)  大さじ1(通常タイプの場合は大さじ2)
・酸素系漂白剤(粉末タイプ) 大さじ半分
・水             大さじ2
・洗濯洗剤          適量

1.台所用洗剤と酸素系漂白剤、水を混ぜ、軽く泡立つまでかき混ぜる。
2.黄ばんだ部分に、歯ブラシなどで塗り込み1分ほど置く。(黄ばみの程度に合わせて、置いておく時間は調節してください)
3.洗濯洗剤を使って、通常どおりに洗濯を行う。

実はこの黄ばみの落とし方、大矢さんの奥さんがやっていたということで、奥さんにガッテンですね。

今まであきらめていた黄ばんだシャツなどの服。

ぜひこの黄ばみの落とし方を試してみてはいかがでしょうか?

シェアお願いします