安室奈美恵ベストアルバム『Finally』収録曲『a walk in the park』公園で浮かんだ言葉

※要チェック

2018/8/29に発売、ラストドームツアー「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」

DVD&Blue-Rayの予約が始まりました。初回限定盤を狙っている人はすぐに予約しましょう。

希望者にはポスターがプレゼントされます!

安室奈美恵ベストアルバム『Finally』収録曲『a walk in the park』公園で浮かんだ言葉

安室奈美恵さんのベストアルバム【Finally】購入

安室奈美恵さんのベストアルバム『Finally』の発売が1ヶ月後に迫ってきました。

小室哲哉さんプロデュースの新曲が入るのか?と話が出ているのですが実際はどうなのでしょう。

少なくとも、安室奈美恵さんと小室哲哉さんが引退直前に会って新曲を作るということまでは決まっているようなのですが。

どのタイミングで発売されるかは分かりませんが、実現すれば16年ぶりの小室哲哉さんのプロデュース。

非常に楽しみです。

安室奈美恵さんと小室哲哉さんの楽曲、今回は『a walk in the park』について書きます。

Huluの会員限定で「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」追加公演のチケット先行予約 (抽選) 受付中!

【日程・会場】
・2018/2/27 (火) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム追加公演
・2018/4/15 (日) 北海道・札幌ドーム追加公演
【先行受付期間】
2017/12/28 (木) 12:00 ~ 2018/1/8 (月・祝) 23:59

>>>『Hulu』に登録してチケット先行予約に応募する。

・安室奈美恵『a walk in the park』公園で浮かんだ言葉


1996年11月27日にリリースされたこの曲は、安室奈美恵さん自身が出演したCMのイメージソングでした。

この曲もKABAちゃんによる振付で、タモリさんが、振付含めお気に入りの曲として挙げていたそうです。

累計出荷枚数は110万枚。

SPEED、MISIA、宇多田ヒカルのデビューの際のブレーンの一人で数々のアーティストのプロデュースしている松尾潔さんは

日本の歌謡曲の伝統とR&Bのエッセンスが最も有機的に結合した例の一つ

と高く評価しています。

周りの評価も高く、分かりやすくて、しかも考えさせられる歌詞の『a walk in the park』はなかなか歌詞ができなかったそうです。

小室哲哉さんは、『SWEET 19 BLUES』の次の曲をかなり悩んでいて、そうしているうちに締切日になってしまったとのこと。

レコーディングはアメリカのロサンゼルス近くの都市、マリブ。

このころの安室奈美恵さんのスケジュールがすごいことになっていたのは、当時のテレビへの出演などを見れば、芸能界に詳しくなくても分かります。

その中、東京から12時間以上かけてきた安室奈美恵さんは歌詞がなく歌の練習もできない状態でした。

小室哲哉さんは本当に申し訳ないと思っていたのですが、歌詞が浮かばない。

そこで、近くの公園を歩いてみたら、何気なく頭に浮かんだ言葉が『walk in the park』だったそうです。

その状況のまんまです。

でもそこから歌詞を作ってしまうのが、小室哲哉さんのすごいところかもしれません。

曲がもうできていたので、『walk in the park』では字足らず。

せっかくいい流れの『walk in the park』は崩したくない、でもそのままでは使えない。

小室哲哉さんは別のフレーズを考えようとしていたそうです。

そうしたとき、現地スタッフが近くを歩いていて話してみると『英語でA WALKという表現もある』という助言で『a walk in the park』にきまったそうです。

アイデアとは、何気ないことをスルーすることなく拾い上げることができるかどうかに掛かっている、というのがよくわかるエピソードです。

・安室奈美恵『You’re my sunshine』歌詞を勝手に考察


今回は私的考察はあまりなく、小室哲哉さんがどのように歌詞を書いていったのかが中心です。

小室哲哉さんは失恋からある程度時間がたった女の子の物語にしたそうです。

寂しくても口に出すこともできない、逢うこともできない、手もつなげない・・・。

過去の思い出を歌っているパートですが、歌詞の内容を見ると確かに失恋したばかりではなく、その失恋から立ち直ろうとしているのが分かります。

曲調も途中から明るくなるので、前向きなのが良くわかります。

ちなみに、リップクリームは小室哲哉さんが常用しているそうで、公園を歩きながら塗ろうとしたときに情景が浮かんだそうです。

現実の行動からいきなりに空想の世界に行ったということは、一種のトランス状態なのかもしれません。

悩みぬいているから、そういう状態になれるのかも。

歌詞にいきなり地球が出てきて不思議ですが、小室哲哉さんは普遍的なフレーズを入れることでこの曲を聴く人に考えることを要求したかったのだそうです。

この思いが聴いた人に届いたどうか知りませんが、曲が転調してこのフレーズが出てきたことによってかなりインパクトのある部分であったことは確かです。

私もこの部分のインパクトが今でも強く残っています。

しかし「地球は私にも今日は優しい」のフレーズを深く考えたことはありませんでした。

でもこのフレーズで何かポジティブになれたような気がしたのを覚えています。

確かに世の中を見渡せば、悲しみだけではない世界があります。

しかし、世の中の誰かと特別な人では心のつながりの深さが違うのです。

今よりも周りの人とのつながりが強かった時の特別な人との心のつながりです。

今は、人のつながりが希薄になってきました。

その中で若い人にはこの曲はどのように映っているのでしょうか。

・安室奈美恵さんの独占密着映像を『Hulu』で視聴する方法

『Hulu』では安室奈美恵さんに一年間密着していて、安室奈美恵さんの独占映像が視聴できます。

引退前日の安室奈美恵さんの誕生日の映像や、沖縄宜野湾で行われた25周年のLIVEの裏側の映像やそのLIVEに関する独占インタビュー映像がアップされています。

安室奈美恵さんの沖縄宜野湾で行われた25周年のLIVEに対して完璧を求める姿勢、曲構成に関してどのような思いだったのか、どのようなことを考えてLIVEを行っていたのかなどの話を聞くことができます。

また昨年出場した、紅白の裏側の映像まで見ることができるのは『Hulu』だけです。

『Hulu』では今後1年間にわたって毎月1コンテンツが9月まで配信されるそうで、これから安室奈美恵さんの引退に向けてどのようなコンテンツが配信されていくのか大変楽しみです、ぜひ視聴を。

Hulu』は日本テレビが運営をしていて、海外ドラマ、映画、日テレのドラマの見逃し配信などに強いサービスです。

詳しくはこちら
↓↓↓

『Hulu』は月額933円(税抜き)、1日あたり35円ほどで約40,000本以上の作品が、スマホ・タブレット、PCやテレビで好きな時に好きなだけ視聴することが可能です。

そして、『Huku』は入会から2週間無料お試しがあり、その間は約40,000全てのコンテンツを全て無料で視聴できてしまいます。

もちろん、試してみて続ける必要がないと思ったら、無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません

海外ドラマや映画、日本テレビのドラマが好きな方にとってはとてもオトクなサービスですので、この機会にぜひ試してみましょう。

>>>安室奈美恵 デビュー25周年記念『NAMIE AMURO CHANNEL』

シェアお願いします