おろし金、日本刀包丁、手文庫つづら、伝統工芸品はヤバい?|マツコの知らない世界2017年10月17日(TBS)

おろし金、日本刀包丁、手文庫つづら、伝統工芸品はヤバい?|マツコの知らない世界

10月17日のマツコの知らない世界は「一生使える日用品の世界」

安さばかりが求められるこの世の中で、本物を求める人に選ばれている伝統工芸品。

一度使用すると誰もが、元に戻ることができないという日用品を今回紹介しています。

日本全国568人の職人を口説いた男・河内宏仁さんが、手文庫つづらや、純銅製のおろし金、日本刀職人が作った料理包丁を紹介。

純銅製おろし金、日本刀包丁、手文庫つづらはテレビでは何回か紹介されていますし、その使い心地は抜群とのこと。

マツコさんのリアクションと毒舌、紹介者とのやり取りが毎回楽しみな番組ですが、今回はいかに。

・銅製おろし金はするのではなく切る(大矢製作所)|マツコの知らない世界


出典:https://www.kurashi-no-hotorisya.jp/Kitchen/dou-oroshigane_4-6.html
プロの料理人からも絶大な支持を受けテレビでもたびたび紹介される大矢製作所の銅の「おろし金」。

現在はステンレス、プラスチックやセラミック製など様々な種類の「おろし金」があります。

しかし、銅は抗菌作用もあることから、江戸時代から「おろし金」には銅が使用されてきました。

その特徴は何と言っても、大根やワサビなどをすりおろしたときの仕上がりです。

大矢製作所の銅のおろし金は硬い銅の板に鏨(たがね)と呼ばれる道具と金槌を使い、手作業でひと目ずつ刃を掘り起こして製作。

そのため、おろし金の切れ味が鋭く、食材の繊維を潰すのではなく細かく切っているので大根おろしなどは水分を含んだまま簡単にふんわりみずみずしく仕上がります。

量産のおろし金は、切れ味が悪いために断面をすりつぶすような形となり、どうしても繊維と水分が分離してしまいます。

また、大矢製作所の銅の「おろし金は」手作業で刃を立てているため、目の大きさや 凹凸、並びなどが少しずつ不揃いに。

このわずかな刃の不ぞろいが、おろす度に大根やワサビの新しい面が次々と刃にかかり、何度も向きを変える 必要もなく、軽い力でスムーズにおろし続けることが可能です。

このスムーズさには誰もが驚きます。

ちなみに、どんな「おろし金」でも長年使用していると刃先が磨耗し、切れ味も悪くなってきます。

しかし、目立て直しをすることで見映えも機能もほぼ新品同様に戻るのも銅の「おろし金」のメリットです。

大矢製作所の「おろし金」は一般家庭で15年から20年使用でるのですが、3度ほど目立て直しをすれば50年近く大丈夫ということになります。

一生ものの「おろし金」です。

《大矢製作所の銅の「おろし金」》

箱型となっていて普段使いがしやすいタイプです。

・日本刀職人製作の料理包丁(備前長船の刀鍛冶、上田祐定)|マツコの知らない世界


出典:http://www.japan-houtyou.com/
日本刀包丁は、日本刀職人が、日本刀と同じ素材、同じ作り方で救った「料理包丁」。

日本刀職人の上田祐定さん製作しいます。

すべてが手作りなので、1本として同じものはありません。

上田祐定さんは刀の個性が失われるのを嫌い全国から砂鉄を取り寄せて製鉄し刀を作っています。

そして、その取り寄せた砂鉄から出来る鋼のテストとして包丁を作っているそうです。

上田祐定さんは初めての産地の砂鉄で作った鋼は、どんな鋼かわからないため、いきなり刀は作らないということ。

まずは、日本刀と同じ作り方で包丁を造り、その過程で鉄の粘りや感度、刃文の入り方、研ぎ味を確かめる。

そして、出来上がった包丁で地鉄や刃文の様子、そして切れ味を1本1本確かめる。

つまり上田祐定さん日本刀包丁は刀と同じように日本刀職人が魂を入れて作っているということになります。

包丁は切れ味さえよければ売る事ができます。

しかし上田祐定さんの包丁は、美術工芸品の日本刀と同じ様に砂鉄から日本古来の製鉄法により作られた鋼を鍛え、叩いて形を作る、もちろん刃文を入ています。

また上田祐定さん作った包丁は鋼のみで作られているため、100年は使えるとのこと。

上田祐定さんは、

日本刀が少しでも皆さんの身近な存在になってもらいたい。だからテストピースで作った包丁は、気に入った物があればお譲りしています。日本刀は日常生活で使う機会は無くても、包丁なら毎日使いますからね。

と言っています。

上田祐定さんは後世へ残すような日本刀を造ると同時に、日本刀の文化・伝統を伝えるのが刀鍛冶の役目だと包丁を製作しているそうですよ。

《上田祐定さん三徳包丁》

三徳とは「三つの用途」を意味し、肉、魚、野菜など幅広い材料に対してさまざまな切り方が出来ることをあらわしています。
何にでも使用できるため、家庭用として使いやすくのが特徴です。

・手文庫つづら(舌切り雀で有名な?)|マツコの知らない世界


出典:https://tsudura.com/

みなさん、「つづら」って知っていますか?

日本昔話「舌切りスズメ」で、スズメのお宿で、良いお爺さんと悪いお爺さんスズメに「大きいつづらと 小さいつづらのお土産」を選ぶあれです。

最近でよく目にするのは、お相撲さんが持っている「つづら」がよくテレビで映ったりしていますね。

もともとはツヅラフジのつるが丈夫で加工しやすいことから使っていたのが名前の由来。

現在は材料が変化しても竹になりましたが呼称だけは残り、葛籠という字があてられたまま「つづら」と呼ばれています。

防虫・防腐・防水性が高いため、古くから、着物や、小物の収納として使われてきました。

とても丈夫なので、100年以上使うことが出来るそうです。

そんな長い伝統のあるつづらですが作っている店はどんどん少なっており、東京都内のつづら屋は「岩井つづら店」を含め2店舗のみ。

「岩井つづら店」のつづらは、佐渡・館山・京都より仕入れた竹かごに和紙(埼玉県小川町産)を貼り、「柿渋」と「漆(カシュー漆)」を塗布して仕上げられています。

伝統の「漆」は栽培が難しく、かつ樹液を採取すると枯死してしまうため、昭和30年代から代替品としてカシューナッツを原料にした「カシュー漆」になるなど、時代の流れで使用する材料も少しずつ変わっているそうです。

お相撲さんのは、まわしなどが入るため大きいのですが、今回紹介される「手文庫つづら」は文庫本を入れられるA4サイズなどの小さなつづらなります。

写真を見ればわかりますが、結構おしゃれなデザインです。

つづらは軽いし、丈夫なので普段持ち歩いてもいいかな~と思ったりしています。

購入は岩井つづら店のショッピングサイトから購入できます。
ショッピング 岩井つづら店

今回マツコの知らない世界で紹介される、3品について書いていきました。

どれも伝統工芸品で手作りのため、それなりのお値段がします。

しかし長く使用できるため、最終的にはお得です。

伝統工芸には日本人が物を長く使って大切にしてきた歴史が刻み込まれていると思います。

私も安いから物を買うという考え方を見直していかなければいけないかなと、このような品々を見ると強く感じます。

シェアお願いします