にゃんこスターの衝撃動画「縄跳び」「フラフープ」

にゃんこスターの衝撃動画「縄跳び」「フラフープ」

『キングオブコント2017』で結成5ヶ月ながら準優勝を果たした『にゃんこスター』

一夜明けてすぐに、ワタナベエンターテインメントに所属することが決まりました。

『キングオブコント2017』で優勝したのは『かまいたち』でしたが、現在ネットをにぎわしているのは『にゃんこスター』。

『かまいたち』からすると優勝したのにも関わらず、すっかり存在感が薄れてしまい悲しい限りなのですが、

『にゃんこスター』何が衝撃的だったのでしょう。

・にゃんこスターの衝撃動画「縄跳び」|キングオブコント2017


キングオブコントの会場の空気を一変させてしまった、『にゃんこスター』1本目に披露した「縄跳び」。

どのグループが言っていたか忘れたが、キングオブコントで「飛び道具」が一番怖いと言っていたがその通りの結果になりました。

続いて出てきたアキナ、GAG少年楽団、ゾフィーの3組はいずれも『にゃんこスター』一色に染まった会場の空気を変えられず、低得点に。

松本人志さんは「まんまと(点数を)入れさせられたっていう感じがしますね」と「97点」という高得点をつけています。

・にゃんこスターの衝撃動画「フラフープ」|キングオブコント2017


こちらもこれ単体で見れば衝撃的なのかもしれませんが、2本同じテンションで同じような展開だとさすがに疲れます。
『にゃんこスター』が優勝できなかったのは、ネタが常にハイテンションであるがために、2回見ると疲れて笑えなくなってくるというところかもしれません。

今後のさらなる活躍ができるかどうかは、ネタの幅が広がっていくかにかかっているのかもしれません。

・にゃんこスターの動画「縄跳び」は何が面白いのか?|キングオブコント2017

にゃんこスターが演じた「縄跳び」のコントの設定は本当に単純です。

『スーパー3助』が「なわとび大好き少年」に扮して登場し、たまたま開催される「リズムなわとび発表会」を観覧しに来ます。

『アンゴラ村長』が現れて、曲に合わせて小気味よく縄跳びを跳んでコントが進んでいきます。

ところが、サビに入るとなぜか縄跳びをやめて気持ちの悪いクセのある踊り始めそれに『スーパー3助』力強くツッコミをいれるというもの。

2本目の「フラフープ」もほぼ同じ流れです。

これは「○○すると思わせておいて、○○しない」という「スカシ」と呼ばれる基本的な笑いのテクニックだけです。

これだけでキングオブコントを勝ち上がるというのは、お笑い界の常識では考えられないことなのだそうだ。

しかし『にゃんこスター』はそれをやってのけた。

なぜ決勝まで残り世間にこれほどの衝撃を与えることができたのか?

「バカバカしさを演出するのが上手かった」ということに尽きるる思います。

お笑いは緊張感が高まると、笑いの妨げになってしまいます。

プロとして芸人たちが真剣にコントに打ち込むことは重要ですが、真剣さが露骨に見えてしまうと観客は笑えなくなってしまいます。

『キングオブコント』は、ネタが審査員によって評価され優劣がつけられるので、どうしてもある程度の緊張感が生まれます。

時々テレビを見ていて他のお笑い番組と違う違和感を覚えるのは、この芸人たちの緊張感です。

その緊張をほぐすことができたら、大きな笑いを起こすことができます。

『キングオブコント』は意図的に狙ってやっていたと思われる証拠がいくつかあります。

まず、「スカシ」だけで勝負するシンプルなネタの構造。

ネタの間、ツッコミ役の「スーパー3助」はずっとしゃべり続けて、アンゴラ村長の縄跳びパフォーマンスを見る人の気持ちを代弁し続ける。

これによって「スーパー3助」の言葉を追うだけでネタを楽しめよう、意図的に「これはバカバカしいほど単純なコントである」ということを印象付けている。

ネタの最後に猫と星を組み合わせたイラストが描かれた大きな紙を持ち込んで、自分たちのコンビ名を名乗って締めくくる。

素人臭いが巧みな演出で、コントを「作品」だと考えているような普通の芸人にはまず真似のできないことです。

『にゃんこスター』にとって最も幸運だったのは、全くの無名であったこと。

実際、ネットで動画を探しても出てこず、どんなネタなのか言葉での説明だけ。

しかもツイッターでは最後に出てくるイラストばかりに焦点が当たっていました。

みんな、どんなネタをやるのか分からない状況だったので、『にゃんこスター』コントを徹底的にバカバカしく見せることで、いちばんの大きな笑いを起こすことができたのです。

採点に移る前に、審査員の松本人志さんは苦笑いを浮かべながら「うっとうしいヤツらやな~」とずっと言ってました。

プロの技術で素人臭さを演じきり、結果的にそれを笑いに結びつけ、場の空気を変えてしまった彼らに対する最大級の賛辞だったと思っています。

・にゃんこスターに出演オファー殺到で|キングオブコント2017


優勝した『かまいたち』よりも目立っていたため、テレビの出演オファーが殺到。

「スーパー3助」は出演予定だったライブへの出演中止をツイッターで謝罪。また10月のスケジュールを列挙し

「お仕事の都合で上のライブすべて出演できなくなってしまいました。申し訳ありません!」

と重ねて謝罪をしている。

アンゴラ村長も
「こちらのライブ出られなくなってしまいました…!ごごごごごめんなさい!めめめめめ」

とコメント。

一躍時の人となっている。仕事が急増しているようです。

キングオブコントでのコントは「一発芸」に近いものがあります。

テレビで何度も目にするば、すぐに飽きられてしまいます。

これからどのように、テレビの世界を生き抜いていきかが楽しみです。

・にゃんこスターの動画以上に衝撃、恋人だった|キングオブコント2017


何とスポニチのインタビューで2人が交際していることを告白したそうだ。

なんとも話題提供が上手なお二人です。

「お付き合いを始めて、2人でお笑いライブに出ようと決めたのがきっかけでした」と、交際が先だったと話したそうです。

今年5月にコンビを結成する直前に交際が始まったそうで、「スーパー3助」の芸風が好きだった「アンゴラ村長」が、同じお笑いライブに出演した時に告白したんだと。

このコンビはかなり計算高いと思います。

シェアお願いします