ホコリ対策はこれでOK「魔法のぞうきん」|ガッテン2017年10月18日(NHK)

ホコリ対策はこれでOK「魔法のぞうきん」|ガッテン

どれだけ掃除をしても気が付くとたまっているホコリ。

ホコリはどこからきて、どうして気が付くと色々なところについているのでしょうか?

また今回のガッテンでは悩みを軽減できる「魔法のぞうきん」が登場します。

それはどのような雑巾なのでしょうか?

ホコリはどこからやってくるの?|ガッテン

部屋の中にいつの間にかたまるホコリ。

以前のガッテンでは、ホコリを巻き上げないように拭き掃除をするのが良いと紹介されています。

出典:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20171018/index.html

しかし今回スタッフの亀井君が撮影用の部屋を2時間かけてしっかり掃除したのに、次の日にはホコリが・・・。

亀井君がホコリを分析してみると、「食べかす」「ティッシュ」「垢」「ふけ」などが!

そのほかにもホコリの中には「ウイルス」「カビ」「ダニ」「細菌」「花粉」が潜んでいます。

出典:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20171018/index.html

また恐ろしいことも起きています。。

2008年の結婚式で多数の出席者が体調を崩す事件がおきましたが、その時は何と掃除機のホコリの中から「ノロウィルス」が検出され、それが原因と特定されています。

でも誰もいない部屋でどうしてホコリが発生するのでしょう?

プロの掃除屋さんがある場所を指摘しました。

どこだと思いますか?

それは「ドアや壁」

出典:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20171018/index.html

ホコリの大好きなものは静電気?|ガッテン

「ホコリは○○が大好き!だからホコリは△△からやってくる」

○○とは? 静電気ですね。

ホコリ同士は静電気で集まるのですが、これは掃除機でも、なかなかきれいに取れないというから驚きです。

部屋は風が吹いただけでも静電気が発生します。

特に最近の家は樹脂製の製品が多く使われているため静電気が発生しやすいのです。

家の壁のクロスは樹脂製が多いため沢山のホコリがついています。

その壁についたホコリは次第に大きくなって、床にポトリ。

出典:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20171018/index.html

そして風が吹いたり、人が通ったりすると、ホコリが再び舞い上がり、壁へ引っ付く。

これの繰り返しす。

そうです、掃除をしてもアレルギー症状が改善しないのは壁にホコリがついているからです。

壁など今まで掃除したことがない場所も1年間しっかり掃除をしたら、アレルギー反応がすくなくなったという実験結果もあります。

魔法のぞうきんの作り方|ガッテン

ガッテンで紹介された「魔法のぞうきん」。

とても簡単に作れる魔法のぞうきんです。

◎必要なもの
・ぞうきん
・バケツ
・洗濯用柔軟剤(これが決め手)

①バケツに6割ほど水を入れます、そんなに大きなバケツでなくても大丈夫です。

②バケツ一杯に対し、洗濯用柔軟剤を5・6滴入れます。

③洗濯用柔軟剤をバケツに入れたらぞうきんをバケツに入れます。

④水を含ませたら、ぞうきんを取り出し、しっかりと固く絞ります。

⑤固く絞ったタオルを乾かして完成です。

これで壁にホコリがつきにくくなります。

それだけでも、普段のお掃除が楽になること間違いなしです。

ただし、静電気を取ることが目的ですので、強く吹かないように注意してください。

では、なぜ柔軟剤を入れた水でホコリが付かなくなるのか?

実は衣類に使われる柔軟剤には「静電気防止効果」の成分(界面活性剤)が含まれていて、その成分の働きによってホコリが付きにくくなるようです。

テレビや家具、フローリングの床拭きにも使う事ができる方法です。

柔軟剤のにおいが苦手な方は静電防止剤が売っていますのでそちらを試してください。

部屋や拭き掃除の手間を省きたい人は是非試してみてください。

シェアお願いします