アカモクで内臓脂肪が減る!たけしの家庭の医学|2017年9月26日(テレビ朝日)

ある海藻で内臓脂肪が減る!たけしの家庭の医学|2017年9月26日


今回のたけしの家庭の医学ではある海藻が取り上げられます。

海のごみとして漁師さんに長年嫌われてきたある海藻が内臓脂肪を減らす効果で注目を集めています。

その効能とは?

・内臓脂肪とは何?たけしの家庭の医学|2017年9月26日


出典:http://deepmuscle.info/basic/13/
脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、よく太っていると見た眼でわかるのは皮下脂肪のことが多いです。

女性だと太ももや二の腕などの気になるお肉は皮下脂肪となります。

皮下脂肪は見た目にわかり、目立つため一生懸命ダイエットして減らそうとする人が多く、ダイエット本なども皮下脂肪を減らすことを中心に書いたものが多いです。

一方、内臓脂肪とは言葉の通り内臓についている脂肪です。

皮下脂肪=体脂肪とだけしか認識していない人もいますが、見た目ではわからない内臓脂肪も体脂肪の一つなのです。

なお内臓脂肪ですが、肝臓、胃、腸といった臓器につきます。

そのため内臓脂肪が増えると、お腹周りにボリュームのある「リンゴ型体形」になってしまいます。

・内臓脂肪のリスク?たけしの家庭の医学|2017年9月26日

内臓脂肪というとメタボという言葉が思い浮かぶと思います。

正式名は「メタボリックシンドローム」といいます。

「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、腸のまわりや腹腔内に脂肪が蓄積し、それによって高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病になります。

生活習慣病の一番の問題は血管がもろくなることです。

それにより心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまいます。

また、糖尿病などにもなりやすくなります。

ちなみに糖尿病はその病気自体よりもそれによって引き起こされる、腎機能不全や失明などの合併症の方が恐ろしいので血糖値が上がったらしっかり対策をすることが必要です。

・海藻で内臓脂肪が減る?たけしの家庭の医学|2017年9月26日


最近、美容と健康にいいということで『アカモク』という海藻が注目されています。

ネラルや食物繊維、ポリフェノール等を豊富に含み、他の海藻と比べカリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルなどの栄養価の高いのです

アカモクとは全国で生育していますが、今まであまり知られていませんでした。

船のスクリューに絡まるため、海のごみとして漁師さんにも嫌われていた海藻です。

そのアカモクが美容・健康以外にも内臓脂肪を減らす効果が高いことが分かってきました。

内臓脂肪に多く含まれる白色脂肪細胞は体内で消費できなかった余分なエネルギーを脂肪として体内にため込みます。

エネルギー過多の現在の生活を続けていくと白色脂肪細胞どんどん内臓脂肪が増えてメタボ体型になっていきます。

アカモクには『フコキサンチン』という成分が含まれていて、白色脂肪細胞が自ら脂肪を燃焼するように促す作用があります。

そのため、内臓脂肪が減りやすくなります。

また寒天にも含まれる『フコダイン』という成分は、脂肪や糖が腸の中で吸収されないように体外に排出する作用があります。

脂肪や糖が吸収されにくいということは太りにくい作用があるということです。

またフコダインは腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌を腸内せ増やし、腸内環境の改善や便秘解消の効果も期待できます。

このように素晴らしい効果のある『アカモク』ですが、少し食べただけではやはりだめです。

毎日少しずつ食べて、健康な体を手に入れましょう。

シェアお願いします