鉄道BIG4がSL人吉に大興奮、笑神様は突然に(わらがみさま)|2017年9月25日(日テレ)

鉄道BIG4がSL人吉に大興奮、笑神様は突然に(わらがみさま)|2017年9月25日

毎回、ディープな鉄道ネタを披露している鉄道BIG4。

しかし、鉄道ファンに出なくてもその楽しさが分かり、ものすごく面白いため『わらがみさま』でもコンスタントに取り上げられています。

今回はSL人吉に乗るということで番組前からテンションが高い鉄道BIG4の姿が目に浮かびます。

鉄道BIG4、メンバーの名前へは?|笑神様は突然に(わらがみさま)|2017年9月25日


鉄道BIG4は『わらがみさま』コーナー名として最初つけられたと思います。

メンバーは
・中川家礼二・・・中川家という兄弟漫才コンビの弟
・岡安章介・・・お笑いトリオ、ななめ45°メンバー
・吉川正洋・・・ダーリンハニーという二人とも眼鏡をかけているお笑いコンビの一人
・南田裕介・・・ホリプロの社員で芸能マネージャー

この4人にカメラ係の宮川大輔さんが加わった、5人が中心メンバーです。

今回は内村光良さんのの生まれ故郷(今の熊本県球磨郡あさぎり町上)ぶらりとめぐり、そこで鉄道デザイナーとして有名な水戸岡鋭治さん行きつけの中華料理を食べそうです。

くま川鉄道さんでの、運転体験もあり盛りだくさんの内容です。

鉄道BIG4には毎回、鉄道に詳しいゲストが加わり鉄道の旅に出かけています。

今回はゲストとして乃木坂46の生駒里奈さんとなぜか叶美香さんがゲストとして登場します。

かなり変わった雰囲気の鉄道旅になるのでは?

SL人吉の予約と運転日|笑神様は突然に(わらがみさま)|2017年9月25日


出典:http://myexpresstrip.blog.so-net.ne.jp/2009-05-18


出典:http://rail.hobidas.com/blog/natori09/sp/archives/2009/04/sl_4.html

SL人吉は熊本県の肥薩線の100周年となる2009年にあわせて運転を再開した、熊本駅 – 人吉駅間を走っているSLです。

SL人吉は大正時代に作られた蒸気機関車はで作られた当時は「ハチクロ」という名前で親しまれていたとのこと。

SL人吉魅力は和モダンの雰囲気で統一されたないそうです。各車両に特徴があり落ち着いた雰囲気で旅が楽しめます。展望ラウンジもあり、外の美しい自然の景色を楽しむ事もできます。

SL人吉の予約方法ですが、2通りあります。

電話での予約は、JR球種案内センターで行うのが良いでしょう。インターネット予約したいという方は、JR九州の列車予約サービスを利用するのが便利です。ただしこちらの場合そのサービスから、SL人吉を探して予約することが必要です。

SL人吉で気を付けておきたいのが運転日です。

SL人吉の一日の運転は1往復となっていて、運転日は、金・土・日がメインとなっていいます。火・木も一応運転日となていますが、こちらは不定期なので確認が必要です。期間も3月から11月の間のみです。

SL人吉に乗りたい方は運転日の確認が一番重要でしょう。

水戸岡鋭治(鉄道デザイナー)行きつけの中華料理とは|笑神様は突然に(わらがみさま)|2017年9月25日


インダストリアルデザイナー(工業デザイナー)やイラストレーターとして活躍しています。

工業デザインなので表には名前が出てこないのですが、さいたまスーパーありんーなども手掛けているそうです。

一番有名なのはやはりJR九州車両デザインです。

1995年には奇想天外なデザインで話題となった「ソニック」や簾・い草・金箔といった和のテイストの九州新幹線「つばめ」を生み出し、それが現在のJR九州の人気に繋がっています。

また衰退した寝台列車の復活として、2013年10月に九州内を巡る豪華寝台列車「ななつ星in九州」も手掛けていてこちらも大人気車両となっています。

九州とのつながりが強い水戸岡鋭治の行きつけの中華料理とはどのようなものなのでしょうか。

内村光良さんの生まれ故郷で調べると、食べログでは『辛夷 本店』、『大三軒』の2件が出てきました。

どちらかなのか、それとも別のお店なのか楽しみです。

シェアお願いします